江ノ島で写真撮影とVHF DXと(写真編)

2010年06月05日 22:57 <--クリックお願い!

今日は、朝も早い7時過ぎに家を出発。久々の輪行で江ノ島へ出掛け、Eスポ発生時のDX局ワッチと、江ノ島灯台とサムエルコッキング苑での風景や花の写真撮影。
先ずは「写真編」として、江ノ島灯台とサムエルコッキング苑で撮影した写真の数々をお届けしましょう。

今日は、今年最高レベルの強いEスポが発生。でも、初めて登った江ノ島灯台からの景色をしっかりと写真にも収めたい。
今日は自身のモバイルDX史上、一番とも言えそうな成果をあげる事が出来たと思うが、写真の方はあいにくの曇り空で、富士山どころか伊豆大島さえかすんで見えない状況だった。

今日は交通費を少しでも節約するため、藤沢駅からは江ノ島までは自転車で。昨年の晩秋以来の輪行である。
藤沢駅には07:59に到着。駅前で折り畳み自転車を組み立て、いざ出発。江ノ島島内にある無料の二輪車(バイク&自転車)駐輪場には8:35に到着。直ぐに、サムエルコッキング苑入口に向かった。

到着したのは08:50。開門は09時なのでまだ早い。開門を待つ間、太平洋側を見下ろす広場にあったベンチに腰を下ろしてFMワッチ。すると、FMバンド中が中国語とロシア語の放送がゾロゾロと入感するEスポビックオープンだ。

しばしワッチをして、9時を15分程過ぎた頃にサムエルコッキング苑に入り、真っ先に江ノ島灯台へと向かった。

江ノ島灯台
江ノ島灯台


灯台の展望室は、室内部と、その室内部の真上、屋上の2ヶ所にある。写真撮影をするなら、当然ながら屋上に出た方が良い。直ぐに屋上に出て、やはり富士山の方向へ目をやる。やっぱり見えないや。
伊豆大島もまったく見えない。やはり、ここでの風景を撮るなら、くっきりと富士山が見える確立の高い冬の晴れた日の朝と、日没の二回。そんな天候の日に、再度、訪れ直さないと。

結局、今日は雲が多く霞んだ海の景色を、江ノ島灯台の屋外展望台から何枚かの写真を撮っただけだった。

江ノ島灯台の展望台から眺めた景色(片瀬江ノ島海岸方面)
江ノ島灯台の展望台から眺めた景色(片瀬江ノ島海岸方面)


江ノ島灯台の展望台から眺めた景色(江ノ島岩屋、伊豆半島方面)
江ノ島灯台の展望台から眺めた景色(江ノ島岩屋、伊豆半島方面)


展望台から降りて、次はサムエルコッキング苑内の花々を撮影。とても大きなアゲハ蝶が飛んでいて、その花々の蜜を吸っている様子の写真も撮れた。

サムエルコッキング苑 花のアーチ
サムエルコッキング苑 花のアーチ


サムエルコッキング苑内の花々と蝶
サムエルコッキング苑内の花々と蝶


サムエルコッキング苑内の花々と、江ノ島ヨットハーバーの遠景
サムエルコッキング苑内の花々と、江ノ島ヨットハーバーの遠景


これで写真撮影は完了。時間は11時直前だ。
今日のEスポは、まったく衰えを知らない、今年最大規模のビッグEスポ。14時過ぎまで、太平洋を見下ろす高台の展望広場でひたすらワッチを続け、14時半にようやく昼食。メニューは江ノ島らしくザザエ丼とサザエの壷焼き。サザエづくしのメニューを1,000円で提供している「藤浪」という食堂でパクつく。

昼食のサザエ丼とサザエの壷焼きセット
昼食のサザエ丼とサザエの壷焼きセット



「今日は夕方にもEスポオープンがあるかも。」

そう感じて、食事を終えると、急いで江ノ島名物の「たこ煎餅」のお土産を買い、帰宅の途に着いた。

DX成果編は受信音の整理中なので、明日報告しましょう。


…江ノ島で写真撮影とVHF DXと(DX編) へ続く

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最近の記事