昭和記念公園で紫陽花

2010年07月05日 19:50 <--クリックお願い!

一昨日の土曜日、朝と夜は平塚で七夕の写真撮影。
二度、平塚へ向かうので、交通費節約のためにホリデーパスを使用した。

でも、どうせならもっと、このフリーきっぷを有効に活用しなければ。
平塚への二往復のみでも元は十分に取れてはいたが、せっかくだからと、紫陽花の写真撮影のため、立川の昭和記念公園にも出掛けて来た。

土曜朝の時点では、自宅での昼食の後、相模原市の相模原北公園か、麻溝公園のどちらかで紫陽花の写真撮影をしようと思っていた。

でも、出掛ける前に天気予報を確認すると、夕方からは雨の予想。降り出しの時間が、紫陽花写真撮影を終えようと考えていた17時に微妙にかかりそう。どちらの公園とも、最寄り駅から徒歩25分程度もかかってしまうので、雨の中、その距離を歩くのも如何なものか。

そう考え、急遽、紫陽花の写真を撮る場所を変更。西立川駅のすぐそばに公園への入口があり、雨が降り出しても直ぐに退避出来る、国立昭和記念公園にしたのだった。

でも、ここは紫陽花が集中して咲いているエリアは一箇所、「花木園」のエリアだけ。そこも、何千本も大量に咲いているエリアという訳ではない。紫陽花の多くは、みんなの原っぱ西側を中心に点在していた。しかも、とてつもなく広い昭和記念公園全体でも、咲いている紫陽花の本数は相模原北公園の一万本よりも少ない。その相模原北公園は、昭和記念公園の広さの何十分の一しかないだろう。

見た目にも、紫陽花のボリューム感は、相模原北公園より遥かに小さい。
やっぱり、ここが一番なのは、毎年の秋に来ているコスモスだなぁ。

では、紫陽花の写真をスライドショーで10枚UPします。


今度の週末は写真撮影をお休みして、映画鑑賞をするつもり。
次の土曜日は10日。毎月10日は、ラゾーナ川崎にある109シネマズが1000円で映画が見れるから。
で、見る映画は、前作で主役が次の台詞を言った、あの映画である。
「レインボーブリッジ封鎖出来ません!」

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最近の記事