久々の深夜中波DX

2010年07月20日 22:11 <--クリックお願い!

昨日はベッドに横になりながらTVを見ていたら、いつのまにやら寝てしまい、気が付いたのが深夜2時。
またやってしまった。

その後、一時間程寝付けなかったので、久々の中波DXをやってみた。

今の時期の中波コンディションは、オセアニア局が強い筈だけど、630kHzや1548kHzではオーストラリアのABCがかすらない。どうやらコンディションは悪いのか。これが入らないのでは、オーストラリア中波局の受信は、まず期待出来ないな。

では、フィリピン中波局を狙うかと思ってみたが、2時を過ぎていては狙う波も限られてしまう。という訳で、数少ない24時間放送のフィリピン中波局、DZMMを受信しようと630kHzにダイヤルを合わせてみると、SINPO34333とまずまずの状態でフィリピン語による南洋風音楽番組が聞こえた。

「あれっ?、深夜のDZMMは報道が中心のトーク番組じゃなかったけ?」
「2時半になればID出るよね。それまで粘ってみるか」

そう思い、2時半のIDを待つ。で、何故か出たIDはコールサインでもない“ISLA63”。
これはグアムのKUAMのスローガンだ。

そう云えば、KUAMはWeb放送もやっている。コールサインの確認はしていないので、一応パラチェック。番組は一致した。
この局に限らず、サイパンでも英語じゃなくてフィリピン語の放送が増えている。フィリピンからの出稼ぎ労働者が増えているのかな。


ところで、630kHzどころか、666kHzでもフィリピン中波局はかすらない。なんでだろう。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最近の記事