PERSEUSを体験

2010年11月06日 07:56 <--クリックお願い!

来年以降の話だけど、次に購入する受信機はmicrotelecomのソフトウェア受信機「PERSEUS」。

そのデモ版が体験出来ることを知り、早速確かめてみた。

今日、AORのホームページからPERSEUSのデモバージョンをダウンロードした。
サンプルファイルは、アメリカ西海岸とハワイで受信した長波~中波帯のアーカイブファイルをダウンロード。いずれは購入するつもりのPERSEUSを、アメリカ西海岸とハワイで中波帯をサーベイしているような感覚で体験することが出来た。

AORのPERSEUS情報コーナーのページには、デモ版ソフトウェアのダウンロードページも用意されている。バージョンは2.1hデモバージョンで、昨年12月に更新されたもの。
自分のPCであるWindows 7 Home Premium(64bit版)にインストール。その後、そのAORのPERSEUS情報コーナーからリンクされている、PERSEUSのアーカイブファイルを公開している方のホームページへ飛び、アメリカ西海岸とハワイで受信したサンプルファイルをダウンロードした。

初めて使用するソフトだが、普段はJRCの通信型受信機を使用しているので、画面のボタン操作でおおよそ想像が付く。サンプルファイルの読み込み以外の操作は、ほとんどマニュアルがなくても感覚的に操作を行えることが出来た。

あくまでデモ版なので、操作が出来るのは、このサンプルファイルを再生している時に可能な機能のみ・・・って、当然だけど。しかし、それでも通常の通信型受信機を使用してDXを行う場合に操作する項目、受信モード変更(AM、US、LSBなど)や選択度変更、BWC機能、AGC変更などは、その殆どが体験することが出来た。

先月、東扇島東公園で受信した北米中波局のなかには、ローカル局と思われる状態で記録されていた局も多い。このPERSEUSのアーカイブファイルを公開している方のホームページからは、アメリカのみではなく、日本、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカなどで受信したアーカイブが揃っている。
デモ版で世界DX旅行を体験出来ちゃう訳だなぁ。

でも、南米で受信したアーカイブファイルは見当たらない。うーん、残念だ。

自分のように、PERSEUSの購入を検討している方には、良い体験が出来ると思う。

perseusSample.jpg

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最近の記事