AWRからベリカード到着

2011年03月17日 22:44 <--クリックお願い!

ここの所の記事と云えば、東北太平洋沖大震災の話ばかり。
今日は、久し振りにBCL関係の記事をUPしようかな。

先日、昨年10月に日本向け日本語短波放送を廃止した、グァムのAWRよりベリカードが届いた。

受信報告書は、東京のAWR日本支局に送付。しかし、ベリカードはアメリカのインディアナ・ポリスにあるAWR本部から送られて来たため、返信に要した日数は133日。結構な日数が経過している。

ベリカードのデザインは、残念ながらAWRアジアの日本語放送最終日の記念ベリなどではなく、AWR共通デザインのもので、データ欄にKSDAの印が押されていた。

同封されていたものは、聖書から抜粋した文章が書かれたBible Card。今年、AWRが実施するDXコンテストのお知らせ。ここでも、最後の日本語放送に対だったことを記したものは無かったのは、かなり残念。

では、ベリカードの画像をUPです。

AWRのベリカード

スポンサーサイト





コメント

  1. ウマダイスキ | URL | -

    まだ届きません

    私もAWRに報告書出したんですが返事ありません。つかえとんでしょうか。少し前に那覇から帰神しました。機内でFM局の受信試みましたが、エフエム宮崎だけ確認できました。

  2. FMわいわいの動き

    BCLブーム再来というサイトにも投稿しておいたんですが、神戸市長田区にあるエフエムわいわいが英語、中国語、韓国語による震災の情報を作成し、パソコンで宮城県内のコミュニティエフエム局各局に送信したとNHK神戸局のニュースで報道されていました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最近の記事