大地震のせいで・・・

2011年03月24日 21:26 <--クリックお願い!

今月初めから広告代理店の仕事に着手し、電子広告やWEB作成を手掛けている。
ところが・・・

大地震のせいで、果たして安定的な仕事が得られるか不安な状況になって来た。

東北地方太平洋沖地震で、発電所の被害を受けた東京電力の計画停電のお陰で、多くの駅や商店街、ショッピングモールのモニターで流される電子広告がオフになっている。

今月から手掛けている仕事は、商店街にあるモニターから流れる、電子広告配信をリアルタイム化するためのハード、ソフト両面のサポート。並びにWEBサイトの構築。
リアルタイム化する理由は当然ながら、広告主の意向の映像CMが直ぐに流せること。広告を流すタイムスケジュールを広告代理店PCで管理し、より多くの広告を流して広告代理店の収益を上げることにある。

ところが計画停電のお陰で、モニターの電源は頻繁にオフ。夏場の電力需要が高まる時は、常にオフにされてしまう可能性もある。
また、広告主側からも、広告を出すのを止めたいと言ってくる企業も出てきている。大地震発生後13日も経つのに、いまだにTV局のCMが公共広告機構が多数を占めるのは、スポンサーが降りてしまったせいとか。そんな話を、某TV局関係者が話していたと、広告代理店の営業からも聞いている。

今は、電子広告配信システムが通常運用可能との前提で、リアルタイム化推進のサポートを行っているが、果たして、これもどうなることやら。

自分は、この代理店から仕事を請け負っているので、とてもヤバイ状況になりそう。
きっと、大地震のせいで倒産した会社や、失業危機の方も沢山おられるでしょうね。


全然、本題から外れるけど。

昨日、日本赤十字社へ東北地方太平洋沖地震の義援金を送金した。
募金というと、これまで募金箱へ小銭を入れることはやっていたが、郵便局から送金したのは初めて。それに今回は小銭ではなくお札である。
やはり、その先には石巻に住む親戚や友人の顔が浮かんでくるせい。なのかも知れない。
スポンサーサイト





コメント

  1. RUNA | URL | -

    色々な所で弊害が出て来てますね、私も以前コンピューターシステムを作ってましたので、苦悩わかります、事態が少しずつでも改善する事をお祈りしております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最近の記事