桜撮影(三ッ池、桜坂、多摩川台公園へ)

2011年04月08日 23:47 <--クリックお願い!

今週は東京や神奈川で、桜がほぼ満開となり写真撮影に精を出す週でもある。
今週末の天気は、明日の土曜日が雨模様。日曜日は曇り時々晴という空模様のため、残念ながら快晴での桜写真撮影が出来ない。
という訳で、実は一昨日に仕事をオフにして、桜写真に出掛けていた。

行って来た場所は、チャリ圏内で行ける桜の名所。自分にとっては馴染みの場所である、地元の三ッ池公園。さらには多摩川を渡って多摩川台公園と桜坂である。

■三ッ池公園

一昨日の時点では、まだ池の周りの染井吉野は3部咲き程度。しかし、水の広場の染井吉野はほぼ満開。
染井吉野よりも開花が早い枝垂桜はほぼ満開の状態。
やはり、桜の名所100選に選ばれている場所でもあるせいか、平日にも関わらず花見に来る人は多い。枝垂桜全体のアングルを撮ろうとすると、どうしても人が入ってしまうのは仕方が無いか。

三ッ池公園 紅枝垂桜

三ッ池公園 紅枝垂桜のアップ

三ッ池公園 枝垂桜


毎年のことだが、ここでは池を泳ぐカルガモやユリカモメと桜を一緒に撮っている。肝心の池畔の桜は、一昨日の時点ではまだ満開には数日掛かりそうな様子だったため、今年はこの1枚を撮影したのみだった。

三ッ池公園 湖畔に咲く桜と池に浮かぶカルガモ


■桜坂

福山雅治の歌で有名な「桜坂」は、東急多摩川線・鵜の木駅から徒歩5分、大田区田園調布本町にある僅か百メートル程度の短い坂。この道の両岸に僅か28本の桜が植えられている。

桜の名所というには余りにも寂しすぎる。同じ桜坂の名前が付いている港区赤坂のアークヒルズ周辺の方が、よっぽど見応えがあるのだが。
これが週末だったら、桜坂の道が渋滞してしまうとか。全ては福山雅治の歌のお陰である。

桜坂の碑と桜

桜坂の桜


ここには、桜坂をまたぐ徒歩専用陸橋「桜橋」がある。この橋の上が一番の写真撮影ポイント。ここでは、平日にも関わらず桜の写真を撮りにこようと、人々の波は途切れることはない。

陸橋「桜橋」と桜

陸橋「桜橋」の上から撮影した桜坂の桜


■六郷用水路・多摩川台公園

桜坂を下り、紫陽花では有名な多摩川台公園へ向うには、「六郷用水路」沿いの遊歩道を通る。「六郷用水路」とは、江戸時代に徳川家康が作らせた用水路。この水路沿いにも桜の木が植えられている。

六郷用水路沿いの桜


多摩川台公園には、紫陽花の時期には何度か訪れているが、桜の時期の訪れたのは、なんと30年振りのことである。30年前は社会人一年目の年で、この公園で、会社の花見が行われた。

しかし、ここは自分の川崎の扇島に次ぐモバイルワッチ定番の場所。花を目的に訪れるのは年1回だが、DX目的では年5~6回程度は行っている場所だったたりもしている。

多摩川台公園の桜

多摩川台公園 平和都市宣言像と桜

多摩川台公園 日を浴びる桜の花びら


確か、ここは夜桜見物も可能で提灯や出店も並ぶ筈。ところが、今年はそのどちらとも無い。
震災のため自粛したのだろう。根本原因が電力不足のせいなら仕方が無いが、自粛ムードが広まっているせいなら、復興にはかえって逆効果。
先日、石原東京都知事が花見の自粛を促す発言をしているが、その発言がかえって、復興を遅らせかねないのだが。


明後日の日曜日は、朝早い8時頃には家を出発し、川崎と横浜の桜の名所を巡るつもり。さて何処に出掛けようか。

スポンサーサイト





コメント

  1. 神戸のさくら

    今年はいつまでも寒く開花遅れているようです。表六甲の私の職場の周りはよく咲いていますが、裏六甲の私の家の周りはほとんど咲いていません。昨日は子どもの小学校入学式がありましたが、さくらは咲いておらず、風雨でものすごく寒かったです。学校の名前桜の宮なんですけど。ところで最近沖縄県からの返信がぴたりと止まりました。気長に待つしかありません。愛知県のコミュニティエフエムからの返信がぼつぼつ来てますので、よろしければBCLブームの再来サイトもご覧ください。忘れがちの関東の被災の皆さん頑張ってください。いつか異常事態終わりますから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最近の記事