FMなぎさステーションよりベリ到着

2011年05月12日 23:30 <--クリックお願い!

今日、静岡県伊東市のFMなぎさステーションからベリカードと番組表が届いた。

今年の1月22日、神奈川県二宮町の吾妻山公園へ、菜の花写真撮影とモバイルDXを目的に出掛けたさい、その合間を利用して伊東市と熱海市のCFM局を受信・録音した。
両局とも既にベリGET済みの局だけど、そのベリをGETしたのは1999年と2000年のこと。既にベリのデザインが変わっていることは判っていた。それが、また受信報告書を出してみようかと考えた動機となった。

デザインは至ってシンプル。前回頂いたベリは受信データが記載されていたが、今回のベリにはそれが無いのは残念。但し、前回はベリを官製はがきで作成。それが送られてきただけだったが、今回はポストカードに印刷。番組表と一緒に封書での返信だった。

まぁ、厳密にはベリではなく、受信データ未記載なのでポストカードの返信と言うべきではあるんだけど。
それでは、その画像をば。

FMなぎさステーションのカード


返信に要した日数は108日だった。
Ciao!のベリはいつ来るかな。

スポンサーサイト





コメント

  1. Futian | URL | j6qhiXM6

    ベリ拝見

    2008年にFMなぎさステーションのベリを受け取っています。
    やはり返信に3ヶ月掛かりました。
    アップされているものと印刷されている文言は同じですが、デザインはちょっと違ったものです。
    同局は伊東駅西側の温泉街にあって(ハトヤのすぐ近く)、伊東から伊豆市(中伊豆)に抜ける街道沿いなので、通るたびにスタジオが目に入って来ます。
    見学者などは殆んどいなくて、スタッフも少なく、いつも閑散としている印象です。
    返信業務などの事務処理は、それほど“迅速に”って感じではないのかも知れません。
    FM Ciao!も似た印象です。

  2. 西口 | URL | FSYT/83M

    Re:ベリ拝見

    Futianさん、いつもメッセージを有難うございます。

    CFM局のスタジオは、番組パーソナリティがトークと曲演奏切り替え操作を行うのが当たり前。パーソナリティが一人の番組の場合、そのスタジオにも一人しかいないも珍しくありません。

    そのため、自分がスタジオ訪問するさいは、番組パーソナリティが一人の番組生放送時間は避け、それが終った直後に出掛けます。そのせいで、スタジオには誰もいなく、放送は録音か他局製作番組が流れているだけのケースも何度かあるんですが。

    自分以外に見学者がいたケースは、札幌のラジオカロス札幌、ここ一局だけでした。ここは、かつてPC-VANのSIG「BCL/海外放送リスニング」で、常連書き込み者がここの番組パーソナリティをやっていたので、その方の案内で訪問。多分、その方が動いてくれたためだと思います。何人かは名刺も頂きましたし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最近の記事