Eスポ出だしは不調

2011年05月14日 10:15 <--クリックお願い!

今年のEスポシーズン。例年なら5月上旬は沖縄・台湾など南部のFM局オープンが中心。
ところが、今年はどうも様子が違うようだ。

自身、例年は沖縄のFM局受信から、その年のEスポワッチシーズンを迎える。
ところが、今年最初にEスポワッチで受信したFM局は、上海のHit FM(87.9MHz)。その後のワッチでも、受信した局の多くは上海以北の局が殆ど。台湾や沖縄はおろか、中国浙江省のFM局さえも、まだID確認に至っていない。

今日は5月14日。もう、5月中旬である。この時期まで、まだ沖縄や中国浙江省のFM局のID確認に至っていないのは、ワッチ対象を短波・中波からVHFDX中心に移行した15年前以降に限っても、2、3回あったかどうかというレベルである。

FM帯のEスポは、まず沖縄・台湾など南部が朝オープンし、昼に近付くと北へ移動。中国浙江省→上海→江蘇→山東→韓国・・・黒竜江省→ロシアとオープン対象が動く。逆に夕方のオープンは北から南へと動く。
例外が発生することもままあるが、基本はこのような動きをする。

ところが、今年は上海のFM局のオープンから始まっているので、その分だけEスポオープンが始まる時間も、昨年よりも遅くなっている。
何故、今年は南方のFM局オープンが無いのだろう。


今日はラジオの前に居座るつもり。しっかとしたEスポが発生してくれないと、今週末のブログネタが無い。
それに、明日は横浜市長津田でBCLミーティング。今日、しっかりとEスポがオープンしてくれないと、明日出すネタも乏しいんだけどなぁ。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最近の記事