あきる野でアジサイ撮影 「南沢あじさい山編」

2011年07月02日 23:25 <--クリックお願い!

今日は、今年最後のアジサイ写真撮影。

出掛けた場所は、東京都あきるの市内のあじさいの名所2ヶ所。五日市町にある「南沢あじさい山」と、東京サマーランドにある「あじさい園」である。

今回、撮影した写真は300枚程。沢山あるので、2話に分けて写真をUPしましょう。

■南沢あじさい山

南沢あじさい山は、JR五日市線の終点「五日市駅」から2.9km程離れた場所にある。
バス路線が無い山道をひたすら登ること40分。そこは、小さな川が流れる沢沿いに、1万本ものアジサイが咲いている所だった。

ここは、自分があじさいシーズンには必ずチェックするサイト、Let's Enjoy TOKYOのあじさい名所ガイドには載っていない隠れたあじさい名所である。



今回のあじさい写真撮影では、東京サマーランドに行くことは決めていた。でも、それだけでは時間をもて余してしまう。かと言って、今日の夕方はマンション管理組合の打ち合わせがあるので、帰宅の時間を考えると、そこから遠い場所へは移動出来ない。
どこか、近くでアジサイが沢山見れる場所はないものか。そう思い、あきるの市のHPをチェックしに行ったところ、偶然に見つけた場所であった。

ここは、この山を所有する南澤さん個人の山。南澤さんが30年以上かけて植えたアジサイ1万本を、アジサイの咲くシーズン中に一般公開しているそうだ。それにしても、個人で1万本ものアジサイを植栽するとはメチャ凄いなぁ。

ここでの入園料は300円。入口の木箱に300円を入れ、中に入るとまもなく、山アジサイがデーンと視界に入るかと思いきや、予想に反して青色の西洋アジサイが目に入る。奥の沢へ向かうほどそれが増え、山の斜面全部が青色の西洋アジサイの場所もあちこちにもあった。
まるで、鎌倉の名月院を想像させる景観である。

その場所では、自称アジサイ研究家を名乗る方が、訪れた観光客にこの場所のアジサイの説明をしていた。それによると、この場所を所有する南澤さんは、鎌倉を中心にアジサイの苗を調達したとか。そのため、山奥にあるアジサイ園なのに、ここで見れるアジサイの多くは海アジサイ。そんな説明を聞いた。
「へー。山奥なのに、咲いたアジサイは海アジサイなんだ。なんか不思議だな。」

では、五日市「南沢あじさい山」で撮影したアジサイの写真、9枚をUPします。

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(1)

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(2)

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(3)

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(4)

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(5)

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(6)

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(7)

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(8)

五日市「南沢あじさい山」のアジサイ(9)



...あきる野でアジサイ撮影 「東京サマーランド編」へ続く
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最近の記事