金環日食

2012年02月22日 23:35 <--クリックお願い!

昨日の朝、フジTVの番組「めざましテレビ」で、太陽の月のまわりから太陽がはみ出して見える「金環日食」が、5月21日に発生すると言っていた。

しかも、それが日本で見れるという。


皆既日食は太陽の全てが月に隠されるが、金環日食は太陽の真ん中に月が入り、太陽がドーナッツ状に見える現象の事を言う。

3年前、皆既日食が鹿児島県の奄美地方で見れた。ところが、今度の金環日食は日本の中心部、関東~東海~近畿南部~四国~九州南部で見られる。しかも、入梅前の5月21日の朝7時半頃とあって、晴れも大いに期待出来る。これはもう、写真に残すしか無い天体ショーである。

残念なのは、この日は平日であること。時間は朝の出勤時間帯である。ゆったりと写真撮影を、しかもロケーションも考えると海沿いで撮影したい。この日はしっかりと休みでも取って、出来れば臨港パークへ出掛けて写真を撮ってみたいもんである。

それから、BCL的にも中波を中心とした電波の伝播状況の変化にも興味がある。多分、四国~南九州~沖縄の中波局が、普段の近隣諸国の局に邪魔をされずに、ガツンと聞こえる面白い状況にもなると思う。

5月21日の朝7時半頃は、写真的にもBCL的にも、大注目の日なのである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1666-7ed2108f
    この記事へのトラックバック



    最近の記事