東京桜ツアー・その2(新宿御苑)

2012年04月09日 22:45 <--クリックお願い!

昨日は、一昨日とは一転した快晴の良い天気。桜の写真は、青空と曇り空とでは一転する。
という訳で、朝は地元、日本桜の名所100選の一つ、三ッ池公園へ出掛け、午後は病院の介護病棟へ家族の見舞いだった。
天候が、昨日と一昨日とで反転していればなぁ。なかなか上手くは行かないものですね。

では、一昨日の東京桜ツアー・その2は、新宿御苑の桜の写真をUPします。

新宿御苑の風景
新宿御苑の風景


千鳥ヶ淵の次は何処に向かうか。この時点では、紫陽花の写真撮影でしか行ったことが無い王子の飛鳥山公園へ行ってみようか。そう考えていたが、桜の本数が飛鳥山の倍以上もある新宿御苑も捨てがたい。という訳で、飯田橋から南北線に乗り王子へと向かい出した所で目的地を変更。新宿御苑へと向かった。

JRなら、飯田橋から千駄ヶ谷へ行けば良いことは直ぐ思い付くが、普段乗りなれない東京メトロでは考えてしまう。ここで思ったのが、後楽園で丸の内線に乗り換えて新宿御苑駅へ向かえること。でも、この時点では、銀座・霞ヶ関・赤坂見附方向をぐるっと回らないといけないことは考えも付かなかった。
で、後楽園駅で西方向へ向かう電車に乗り二つ目、「次は新大塚」の表示で、変だと気が付く。なんせ、山手線なら大塚は池袋の隣駅。慌てて路線図を確認すると、まったく逆方角に向かっていたことに気が付く。新宿は後楽園の西方向。JRなら、なんの疑いもなく西方角の電車でOKだが、丸の内線ではまったくの逆だった。
結局、反対方向の電車に乗り、都心方向をぐるっと回って新宿御苑に到着。結局、なんと1時間近くも掛かってしまった。

新宿御苑には新宿門から入ろうとしたら、入場チケット売り場は何百mにも及ぶ大行列。入るには、少なくとも30分以上は掛かりそうだったので、そこから600m程、四谷方向へ歩き、大木戸門から入場した。こちらは駅から離れているせいか、チケット購入のために並んだ時間は、僅かに5分程度だった。

大木戸門から入ると、直ぐに桜並木が続く桜のアーケードが続く。

新宿御苑 大木戸門を入って直ぐの桜並木
新宿御苑 大木戸門を入って直ぐの桜並木


そこを過ぎると広い芝生の広場。その広場も、満開の桜の木々で囲まれていた。

広場には花見客が大勢でした
広場には花見客が大勢でした


その写真を撮ったのち、枝垂桜が集中しているエリアへ行ってみた。ここではカメラを持って写真をとりまくる人達でごった返している。その人達を入れないで写真を撮るには、桜の上側を撮るしかないが、枝垂桜は根元から撮ってこそ良い絵になる。
でも、それは出来そうにないので、根元からのアングルを撮るのを諦めた。

枝垂れ桜(1)
枝垂れ桜(1)


枝垂れ桜(2)
枝垂れ桜(2)


過去、桜が満開の時期に、ここ新宿御苑に来たことがある。しかし、その時は午後も15時前後の時間。この時間では、桜の背景に入れたい高層ビルの方角は逆光となり、黒く写るだけ。で、その桜の背景に入れたかったビルが、代々木のNTT DoCoMoビルである。

桜とNTT DoCoMoビル
桜とNTT DoCoMoビル


新宿高層ビル群と桜
新宿高層ビル群と桜


最後に、桜の花をアップで撮り、撮影を終了。次の目的地である浅草、そして東京スカイツリーへと向かった。

桜のアップ写真(1)
桜のアップ写真(1)


桜のアップ写真(2)
桜のアップ写真(2)


桜のアップ写真(3)
桜のアップ写真(3)


... 東京桜ツアー・その3へ続く
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1680-a177d415
    この記事へのトラックバック



    最近の記事