秋花火シーズンスタート

2012年09月29日 11:27 <--クリックお願い!

今週末から秋の花火シーズンがスタート。
自身は、今日は埼玉県鴻巣、10月は江の島か北千住と、調布の花火大会へ写真撮影に出掛ける。
昨年の東日本大震災以降、夏に行っていたイベントのいくつかが秋開催へ移行したものがある。その代表的と云えるのが、会場で提灯などの電力が必要となる花火大会。海沿いはそうでもないが、河川敷の花火大会の場合には、普段よりも多くの電力が必要となる。
夏場の電力消費ピークを避けるための秋へのイベント開催の延期。荒川の鴻巣や千住、多摩川の調布各々の花火大会開催は、その主たる例だろう。

今年の大会は、鴻巣が昨年と同様に1万5千発。ところが調布や千住は規模も拡大した1万2千発。涼しい秋の河川敷での大会であることも考えると、これは嬉しいことである。秋開催は一時的なものではなくて、恒久的なものになって欲しいなぁ。そんな気もする。
・・・でも、欲を言えば秋はTPDXベストシーズンなので、本当はゴールデンウィーク辺りの開催が一番嬉しいんですけどね。

さて、秋の花火スタートの今日は、関東では古河花火大会に次ぐ規模の鴻巣花火大会。昨年は屋台の灯りの背景の花火を撮ってみようと写真撮影位置を考えたが、今年はそれを止め、純粋に花火の明かり主体の写真を撮るつもり。
生憎、今日の風向きは南東。これは、昨年の撮影場所が風下寄りになる方角なので、写真撮影場所を考えなくてならない。駅からの歩く距離は長くなるが、メイン観覧会場を南西へやや突き抜けた辺りがベストポジションかな。これまで行ったことが無い位置なので、早めに出掛けてチェックしないと。

撮影した写真や動画は、明日UPします。

2011年 こうのす花火大会(5)
2011年秋の鴻巣花火大会より

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1739-5a5d125f
    この記事へのトラックバック



    最近の記事