日本一のヒガンバナ

2012年10月08日 10:00 <--クリックお願い!

昨日は川崎市東扇島で行われていた「みなと祭り」へ行く予定。11時からのライブに間に合う時間に出ようと思っていた。ところが・・・

日曜の朝は、TBSの番組を見ながら朝食を食べている。
「がっちりマンデー」という番組の最後に、この連休中一番のオススメスポットを紹介していた。それが、埼玉県日高市巾着田で見れる、日本一の彼岸花。
「今週末が一番の見頃で、来週末にはもう終わっている。」
その話を聞いた後、行くかどうか悩んだが、「日本一」という触れ込みに触発されて急遽、予定を変更して出掛けることにした。

最寄り駅は西武線の高麗駅。駅から20分以上歩く。
初めて行く場所の場合、いつも地図を印刷して持って出掛けている。今回もそうしたが、駅を出たところで会場までの案内図やパンフレットを配布。さらには・・・。
電車はほぼ満員で、降りた乗客のほとんどが彼岸花の群生地へ向う状態。これでは道に迷う筈も無く、地図をチェックする必要もまったくなく巾着田の彼岸花の群生地に到着した。

彼岸花の正式名称は曼珠沙華。でも、昨日の朝、巾着田のHPをチェックするまでそれを知らなかったし、TV番組でも彼岸花と言ってたし・・・。ここ、巾着田の観光パンフレットには、彼岸花の文字はまったく書かれていなかった。

ちなみに、ここはコスモスも沢山咲くエリアもあるが、咲いていた花はまばら。先週の台風で根こそぎ倒れたのを復旧作業をしたそうだ。でも、花は散ったのではなく、多くは蕾の状態だったので、来週以降に見頃を迎えるだろう。例年、10月3連休はコスモスの満開の時期だが、今年は遅いよね。

そう云えば、曼珠沙華が満開になるのは、本来なら秋のお彼岸の頃。だがら彼岸花とも云われるのだが、今年は開花がメチャ遅れ、先週辺りから今週が一番の見頃。
今日まで、ここ巾着田では曼珠沙華まつりを開催。この祭りも例年なら、10月3連休時期には終わっているが、今年は会期を延長して今日が最終日。この祭り期間中は、入場料200円が徴収される。
でも、これだけの景色を見られて200円なら安いと感じる。そんな場所だった。


では、昨日撮影した写真から、先ずは曼珠沙華の写真。

巾着田の曼珠沙華(1)

巾着田の曼珠沙華(2)

巾着田の曼珠沙華(3)

巾着田の曼珠沙華(4)

巾着田の曼珠沙華(5)

巾着田の曼珠沙華(6)

巾着田の曼珠沙華(7)

巾着田の曼珠沙華(8)


ここはカワセミの保護地域。曼珠沙華とカワセミが一緒に撮れたら、万々歳だが、時間はちょうど昼食時。河原では敷物を広げてお弁当を食べたり、バーベキューをしたり、酒盛りまでしているグループまで多種多様。人出も多く、しかも川に向かって親子で石を投げている人も多い。そんな状況ではカワセミがいる訳もない。

ところで、今回の写真撮影では、初めて弁当や飲み物持参で出掛けた。事前にHPでロケーションを確認し、弁当があった方が良さそうと思いしたことだが、この弁当も自分で作ったもの。弁当を自分で作るなんて、いつ以来だろう。全然、記憶に無いかも。

曼珠沙華の写真を撮り終えた後、群生地を離れコスモスの写真も撮ってみた。

巾着田のコスモス


でも、やっぱり首都圏でコスモスを見に行くなら、やっぱり立川の昭和記念公園ですね。

今度の土曜日は、北千住と江ノ島で花火大会がある。さて、どちらに行こうか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1743-75b78d3b
    この記事へのトラックバック



    最近の記事