足立の花火大会

2012年10月14日 06:43 <--クリックお願い!

昨日は、3年振りに北千住で行われた「足立の花火大会」に出掛けて来た。
今年は過去最大の15,000発の規模で行われた同大会。さて、良い写真は撮れただろうか。
昨日は北風の予報だった筈が、午前11時発表の気象庁の天気予報をみると、
「あれっ、南風に変わってるよ。なんで?」

これだと、南側の河川敷で花火を見ることになる。しかし、川幅の狭い荒川の場合、横から写真撮影をする以外、カメラのファインダーに花火を収めることは出来ない。
でも、ワイドスターマインを横から撮ると、タダの単発スターマインにしか見えない訳で、写真的なメリットは何にも無い訳で・・・。

仕方が無く、予定通りの北側河川敷で、打上げ位置よりかなり東寄りで撮ろうかと考えていた。

打上げ開始2時間前の16時ちょうどに北千住駅に到着。前回はここで東武伊勢崎線に乗り換えたが、今年は南側河川敷で写真を撮る可能性も否定出来ないので、ここから千住新橋へ歩き、千住新橋の橋の上で花火撮影位置を決めることにした。

ところで・・・

今年は足立区フェスタも同時開催で、足立区民放送がミニFMを行うのを知っていたので、そのミニFMも受信しようかと考えていた筈。
そこで、送信地と花火打上げ会場との距離を計ると、なんと800mも離れている。CFMならなんでも無い距離だが、ミニFMでは電波は届く筈も無い。それを、出発直前に知ってミニFMの受信は諦めた。


さて、肝心の風向きである。千住新橋でハンカチを手に持ちかざしてみると、南方角へハンカチが振られる。
「あら、気象庁の予想と正反対の北風じゃないですか。」

という訳で、千住新橋を渡り切り、北側の河川敷に移動。でも、花火打上げ正面は、グラウンドに降りる以外に撮影場所は確保出来そうにない。この時の時間は花火打上げ90分前。当たり前と云えば当然なんだけど・・・。

そこで、河川敷の土手上を西側へ歩き、千住大橋と西新井橋のほぼ中間。正面にはナイアガラ花火の西端という位置の河川敷土手の最上段でカメラを構えた。

やっぱり、河川敷の反対側で仕掛け花火も撮るなら、高い位置でないと花火も見えないしね。

基本、ここで打ち上げる花火は4号玉(12cm玉)。前回の鴻巣とは打上げ数は同じでも、大きさでは完全に見劣りする。
でも、鴻巣の2時間に対して足立は1時間10分と短いので、見た感のボリューム感は圧倒的に足立の花火。しかも、花火打上げ位置とは300m程しか離れていない。

という訳で、写真的に仕上がった感も足立の花火の方が上だった。


荒川北側河川敷では、東京スカイツリーも見えていた。花火が打ち上げ開始の18時よりも早い17時半、ライトアップが点灯。その写真を撮って見た。

東京スカイツリー

もしかしたら、東京スカイツリーと花火というコラボ写真が撮れるかも。一瞬期待したが、東京スカイツリーと認識出来る大きさの望遠で撮ると、ファインダーに花火はまったく入らない。
という訳で、それは諦めた。

では、昨日撮影した花火の写真から12枚をUPしよう。


2012年足立の花火大会(1)

2012年足立の花火大会(2)

2012年足立の花火大会(3)

2012年足立の花火大会(4)

2012年足立の花火大会(12)

2012年足立の花火大会(5)

2012年足立の花火大会(7)

2012年足立の花火大会(8)

2012年足立の花火大会(9)

2012年足立の花火大会(10)

2012年足立の花火大会(11)

2012年足立の花火大会(12)


さて、今度の土曜日は調布の花火大会。夏の開催なら迷わず川崎側で撮るのだが、北風が予想される今年は・・・
どうしようかな~。


ところで、全然ワッチしてないけど。
「オイ、来月のBCLミーティングに出すネタあるのか?」 
「うーん」
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1745-3981bb39
    この記事へのトラックバック



    最近の記事