2012年調布市花火大会

2012年10月21日 03:17 <--クリックお願い!

昨日は、今秋最後の花火大会。調布市花火大会の写真を撮りに出掛けて来た。

花火写真撮影で基本中の基本の一つが、風上で写真を撮ること。多摩川河川敷で行われる花火大会の場合、南風の夏は川崎側、北風の秋は東京側で写真撮影を行うのが基本。ところが、昨日の気象庁の発表では南風の予報が出ていた。

という訳で、昨日は南武線中野島駅で降り、16時ちょうどに多摩川河川敷に到着。音玉で風向きを確認すると、確かに南風だった。
でも、やや風が強過ぎる不安。見る分には良い風の具合なのだが、シャッタースピード4秒前後で花火を撮る場合、絵が流れてしまう。それでも、完全な風上で写真を撮れれば絵柄は流れたように見えないのだが、調布花火大会の場合、最大8号玉を川幅の狭い多摩川中流域で打ち上げてしまうため、完全な風上だと花火正面位置での写真撮影となってしまう。花火がカメラのファインダーに入り切らないのである。

そんな訳で、過去の花火写真撮影で、最も失敗例が多いのがここ、調布の花火大会なのである。

大玉の写真撮影を捨てるか、それとも流れる写真になるのを覚悟で上流か下流方向へ移動するか。

その二者選択のどちらかだが、結局、大玉の写真も撮りたいので川の上流、稲田堤方向へ歩き、花火打上げ位置からおおよそ500~600m程度離れた場所で写真を撮ることにした。

上流の場合、手前に二ヶ領上河原堰堤が写る格好となり、花火の良いシルエットになる。それが目的だった。

結局、撮れた花火の写真はやっぱり流れてしまった。200枚程撮った写真のうち、成功と感じた写真は僅かに十数枚。毎年のことながら、一番失敗が多いのが、ここ調布の花火大会。やっぱり調布の花火写真撮影は難しい。

では、昨日撮影した写真の中から10枚をUPします。


2012年調布市花火大会(1)

2012年調布市花火大会(2)

2012年調布市花火大会(3)

2012年調布市花火大会(4)

2012年調布市花火大会(5)

2012年調布市花火大会(6)

2012年調布市花火大会(7)

2012年調布市花火大会(8)

2012年調布市花火大会(9)

2012年調布市花火大会(10)


先週末は、一日介護施設に付きっ切りだったので、今日は免除してもらった。という訳で、三連休時を除くと夏休み時期以来の二日間フリーである。
と言う訳で、今日は川越まつりに出掛けることにした。行くのは2009年以来3年振り。今年は山車が例年の倍くらい出るそうなので、シャッターチャンスは沢山ありそうだ。

川越祭りの山車
2009年の川越まつりから



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1747-bb34207f
    この記事へのトラックバック



    最近の記事