初めてのSDR受信機でのワッチ

2012年12月15日 23:35 <--クリックお願い!

今日、ついにSDR受信機ELADのFDM-S1が到着。

この記事は、そのSDR受信機でワッチをしながら書いています。

中華ラジオ以外のラジオ。というよりも、受信機と言える性能を持つ製品を購入したのは、1998年にNRD-545を購入した時以来、実に14年振りのことである。
14年前は、まさかPCで使用する受信機が、当時のJRCやドレーク、AORの受信機の性能を上回るなど、想像も出来なかった。


到着したのは、今日の午前中。早速、開梱して先ずはWinXPのノートPCに接続。付属のCD-ROMをドライブにセットしインストールを開始した。ところが、最初に動作したのが、「Microsoft VC++ 2010 Runtime libraries」のインストーラー。まぁ、必要だから動くのでしょう。ここはインストールを行い続行。何の問題も無くインスト-ルを完了した。

それにしても、本体のサイズはめちゃ小さい。DE-1103のほぼ半分の大きさである。
これにはビックリである。

ELAD FDS-M1

小ささを実感。DE-1103のほぼ半分の大きさのELAD FDM-S1


では、早速、起動しましょうか。ディスクトップに現れたアイコンをダブルクリックすると、「dllが無いゾ」と怒られてしまい、ソフトが立ち上がってくれない。え~、なんで?。まさかWin7じゃないと動かないとか。だったら、先週XPマシンを買ったのは何だったの?。

困惑しながら、仕方が無くWin7のディスクトップPCに同じ手順でインストール。こちらは画面は立ち上がったものの、なんとPOWERスイッチボタンが表示されない。記録済みのファイル再生しか出来ないモードでの動作だった。
な、なんで?。

手順が違うのか。じゃ、マニュアルで調べようと思っても、それが同梱されていない。
ネットで調べようか。と思っても、FDM-S1のセットアップを日本語で書かれたページは無し。うーん、困った。

そこで、CD-ROMの中身をチェックしてみると、セットアップマニュアルと操作方法が書かれたPDFファイルが入っていた。その中身を見てみると、なんとセットアッププログラムでは、ドライバーはProgramフォルダーにコピーするだけであることが判明。ハードを動かすのだから、普通はWindowsのシステムフォルダーにドライバーが無いと、動く筈が無い。
こんな不親切なインストーラー。日本製のハードなら絶対にありえないゾ。

マニュアルは、コントロールパネルのシステムからデバイスマネージャーを起動し、インストールする手順が書かれていた。そこで、デバイスマネージャを起動してみると、確かに不明のデバイスが接続されている!マークで黄色のアイコンが付いたハードが、USBポートに表示があった。
ここで、右マウスのポップアップメニューからドライバーをインストール。PCを立ち上げ直してソフトを起動すると、今度は問題無く起動出来た。



まだ昼間なので、この受信機の性能を測るにはまだ早い。
という訳で、まずはPCのUSBポートから電源を供給して動くこの受信機が、USBポートに接続したハブから分配したレーザー光線で動くマウスと同時接続で、かつノートPCはバッテリ運用した場合、問題無く動くのかどうかを検証した。

すると、あっさりと動いたではありませんか。一番心配だった点は直ぐにクリアした。


では、まずは軽く流し受信してみよう。
ところが、我が家はRFラジオ日本の送信所から数kmしか離れていない強電界地域。ALA-1530を接続したワッチした所、バンド中にオバケが出まくって、ラジオ日経でさえもまともに聞こえない。ガックリ。

ところが、動作ソフトの画面には-20dBのアッテネーターがあるので、それをONにすると、RFラジオ日本のオバケは殆ど消え、まともな状態になった。
でも、昼間の時間、聞こえるのは殆ど中国語で詰まらない。


夜間は訪問客が来たので、帰った後、22時からワッチを開始。この時間のターゲットはやっぱりTPだが、X-Bandには何処の局の信号も見えていない。画面でそれが一目で判るのは、やっぱりSDR受信機だからか。
これまでの受信機では、高級機にしか無かった機能だが、この機能はやはりデカイかな。

しかし、定番のアラスカのKICY(850kHz)はまずまずの状態で聞こえ、22時の正時IDを確認。でも、宗教番組では詰まらないので、今、この文章は630kHzから流れる局をBGMにしながら聞いている。英語番組で、南洋風のポップス。KUAMですね。
ざっと受信した感覚では、JRCのRXとの差は感じない。まぁ、中波しかチェックしていないけど。


明日以降、さらにモニターを続け、広帯域録音もやってみようと思う。
狙いは、フィリピン中波局が放送開始する朝5時だけど、果たして起きれるか?。

FDM--S1の画面 KUAMを受信中デス

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1771-e0c307b3
    この記事へのトラックバック



    最近の記事