久し振りの月曜早朝MWワッチ

2013年01月14日 17:07 <--クリックお願い!

今日は成人の日なのでお休み。外は大雪で、鉄道ダイヤの大乱れ。
こんな日は、何処にも出掛けずにワッチかな。

今日は、オールナイトワッチをしても、仕事には何の支障も無い日なので、久々にワッチ三昧の日になる筈?だった。

我家でDXを行うさいの最大の障害は、送信所まで僅か数kmのRFラジオ日本。この電波が止まる月曜早朝は、大きな成果を上げるチャンス。

でも、肝心の電波が止まる時間の前に、ベットにちょっと横になるだけの筈が寝てしまい、目が覚めたのは3時50分。
「ヤバイ!!。直ぐにワッチしないと」

もし、SDR受信機が無かったら、諦めて再び寝てしまうのは確実。ところが、SDR受信機で広帯域を一気に記録出来てしまえば、僅かな記録時間でも成果はあがる筈。
そう考えて中波丸取りを考えてみた。ところが・・・。

なんと、RFラジオ日本はキャリアを発信している。
「あちゃー、やっぱりATTをONにしてワッチしなきゃダメじゃん」

そう思っていたら、キャリアは無変調だったせいか、ATTをONにしなくてもスプリアスは発生していなかった。これはラッキーである。
でも、広帯域録音の場合、範囲内にRFラジオ日本の周波数1422kHzを含めると、やっぱりATTをOFFにしていてはスプリアスの発生でNG。範囲外で録音するしかないか。

という訳で、547kHz~1157kHzの範囲の広帯域録音を実施。FDM-SW1のATTをOFFの状態で広帯域録音をしたのは、今回が初めてである。
記録した時間は03:56からの10分間。正時のID部分は外せないもんね。


今日の午前中は、この記録をじっくりと解析。でも、期待したオーストラリア民放局は皆無。630kHzや666kHzなどにいる、24時間放送の筈のフィリピン中波局も1波も聞こえない。ガックリである。

ところが、意外なとこで、780kHzと850kHzのアラスカが、04時という時間にも関わらずIDが十分に取れる状態で入感。780kHzは正時のIDは確認出来なかったが、850kHzではKICYのIDを確認出来た。

オーストラリアは不調とは言うものの、流石に630kHzではABC-4QNがガツンと入感。ピーク時には同波のKUAMを完全に押さえ込んでいた。

では、解析結果から、これはと思う局の受信リストをUPしましょう。

周波数
(kHz)
局名 国名 日付 JST 受信状態 言語 内容 他
549 Mayak RUS 1/14 *0359 44444 RS IS、時報、ID、ニュース。パラに576kHz(SINPO33333)、720kHz(SINPO44444)
567 KGUM GUM 1/14 0356 21331 EG ニュース、0357ID“K-57”、CM、CBSニュース
630 KUAM GUM 1/14 0356 33333

21221
CM 南洋風の民謡プロ。現地民謡番組、0357にID"Isla-63"
630 ABC-(4QN) AUS 1/14 0400 22332

34443
EG ABCニュース、0405にID。0359にKUAMのバッグで浮き始め、0402には完全に逆転した。→受信音
648 VOA RUS 1/14 0356 33333 KO アリラン演奏、0400に英語のIDWelcome is Voice of America in Korean”、ニュース
780 (KNOM) ALS 1/14 0358 23332 EG イージリスニング、0400よりニュース
850 KICY ALS 1/14 0356 33333 EG ゴスペルフォークソングプロ、0401にID”KICY Nome”、男性トーク、聖歌コーラス
国名の略語は次の通り RUS:ロシア GUM:グアム AUS:オーストラリア ALS:アラスカ
言語の略語は次の通り RS:ロシア語 EG:英語 CM:チャモロ語 KO:韓国語
局名部分を()で括った局はIDを確認出来なかった局。ABC-4QNについてはネット番組のためコール部分のみ未確認。

やっと、SDR受信機の最大の利点、広帯域録音を生かせたかな、という感じのワッチだった。なんせ、ワッチ時間は僅かに10分少々で、これだけの成果が出たもんね。

スポンサーサイト


コメント

  1. 通りすがり | URL | mQop/nM.

    タイマー

    わざわざ起きなくてもタイマーを使えばいいと思いますよ。

  2. 西口 | URL | /cZFT8Jc

    Re:タイマー

    確かに、その通りですね。

    FDM-S1のマニュアルを見ると、タイマー録音の設定(記録開始時間と終了時間、開始周波数、モード「AM,USB,LSB等」、記録時の受信周波数)がいくつも設定出来ることが書かれていました。

    試しにやってみた所、問題無くタイマー録音による広帯域記録が出来たので、広帯域記録は、月曜早朝の日課になりそうです。

    ・・・でも、来月下旬からマンション補強工事のためアンテナが出せなくなり、これが出来るのも、あと1ヶ月間のみなんです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1777-a0a9d4a5
この記事へのトラックバック



最近の記事