今日はBCLミーティング

2013年01月27日 23:55 <--クリックお願い!

今日は、横浜市長津田でBCLミーティングが開催された。
自身は、初めてSDM受信機で受信した成果を発表。しかも初めてノートPCを持って参加したミーティングでもあった。

前回まで、常連メンバーのうちBCLミーティングにノートPCを持って来ないのは、なんと自分だけ。自分を除く常連参加メンバー全員が、青木リストまたはEiBiのリストをPCに保存した状態で参加していた。

今回、自分はEiBiのリストと、アメリカFCCのカナダ、アメリカ(含むハワイ)、メキシコの全中波局リストをPCに保存した状態で参加。そのリストはExcelファイルなので、受信情報が出た局・周波数の欄のセルに色付け。そうして、自分がワッチするさいに、受信可能局であることが直ぐ判るようなリスト作成を、BCL情報交換中に行った。

今までは受信情報をノートにメモを取っていたが、今日からはExcel文書の該当箇所にマークするだけ。BCL情報交換に臨むスタイルが一変した日でもあった。

そして、今日のミーティングの目玉は、SDR受信機で記録したファイルの再生である。

今まで、受信音の公開は、予めID部分を中心とした30~60秒のMP3ファイルをICレコーダーに格納し、そのファイルを再生した音を聴かせていた。そのために、受信・録音したファイルの編集作業が、BCLミーティング前日の日課ともなっていた。

ところが、SDR受信機を導入したことにより、SDR受信機のソフトが記録したファイルを再生するだけで良くなった。聞かせるためのファイル作成という作業が不要になったのだ。

で、昨日のミーティングではR.New Zealand Int.のAM放送とDRM放送との音の比較。DRM放送自体を聞いたことがあるメンバーも居なかったせいか、皆、その音の良さに驚いていた。

その他には、月曜早朝に記録した中波帯から、アラスカ局と、ハワイ局と思われる局の音声。それから、夕方17時に9MHz帯を記録したファイルを再生し、Medi Un(9579kHz)、R.France Int.(9790kHz)、Radio 9 de Julho(9819kHz)など、めぼしい処の受信音を再生した。

違いはたったこれだけだが、今日は時間ギリギリまで情報交換が続き、熱中したミーティング内容だったように思う。
なんせ、まるで今受信中の音を聞かせるような操作が出来ちゃった訳だから。

次回は、受信会を数回やった後に行うので、今日のようなスタイルでやると絶対に時間が足りなくなる。考え所ですね。


いつもは、ミーティング後は喫茶店。ところが、今日はファミレスへ行こうと提案し、そこでコーヒーを飲んでいた。だって、ファミレスならドリンクバーのみの利用でも、喫茶店でコーヒーを飲む値段よりも安いんだもん。しかも、お代わりし放題だし・・・。
でも、次回は夕方からのBCLミーティング開催予定なので、ミーティング後は居酒屋かな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1783-07eef2b2
    この記事へのトラックバック



    最近の記事