昨日はJSWCミーティング

2013年02月11日 11:55 <--クリックお願い!

昨日は、大船で行われた日本短波クラブ(JSWC)ミーティングに参加して来た。
普段、自分が参加している横浜のBCLミーティングと圧倒的に違うのは、年齢層の広さ。自分自身も、今月にはJR東日本の大人の休日クラブに入れてしまう程の年齢に達してしまうが、このミーティング参加者は、自分の親を超える年齢の方が何人もいる。

ところが、ミーティングで活発に発言するのは、自分の親以上の年齢の方々が殆どであるのには、いつもの事ながら、驚かされる。

14時にミーティングを開始し、終了は17時。横浜のミーティングなら、自己紹介&近況報告の時間は10分もあれば終わるが、昨日のミーティングでこれが終了したのが、なんと16時を過ぎた頃。参加者が横浜のBCLミーティングよりも全然多いという違いはあるが、流石にこれでは、ミーティング進行にも影響があるだろう。

もともと、ここのミーティングでは横浜のそれとは違い、最新のBCL情報や受信情報を交換するのが目的ではないい。しかし、本題に費やした時間はものの30分程度だったというのは・・・。

その本題は、日本短波クラブ創立60周年の総括の報告。その中の一つ、昨年、韓国・中国・台湾・ロシア・ベトナム等々…
JSWCが実施した特別放送へ寄せられた受信報告書の数と、どの国から何通届いたかの報告に興味を引いた。

英語での特別放送も行い、ヨーロッパの局からも番組を流したが、やっぱりというか、当然ながら日本からの受信報告書が一番多い。ヨーロッパと東南アジアからの報告書も目立っていた。
ところが、韓国や中国からは、両国ともJSWC特別番組を流してくれた局があるというのに、報告書は無し。これには、昨年からの尖閣問題や竹島問題が影響しているのは間違い無いと思う。

ミーティングの最後は、いつものように写真撮影。その写真は、JSWCスタッフの岩沙さんのブログに掲載されている。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1788-cfb65669
    この記事へのトラックバック



    最近の記事