東京桜ツアー(半蔵濠、千鳥ヶ淵、牛ヶ淵編)

2013年03月29日 20:18 <--クリックお願い!

昨日と今日の午前中は、今月上旬の休日出勤の代休を取得。オフである。
昨日の朝は曇り空だった空模様も、昼頃には晴天に代わり、これならばと急遽、決めた桜の写真撮影。

出掛けた先は、週末ならあまりの混雑で行く気が失せる、皇居の千鳥ヶ淵周辺と、東京スカイツリーの桜のライティングが見れる、浅草である。

先ずは、皇居の半蔵濠、千鳥ヶ淵、牛ヶ淵で撮影した桜の写真をUPしよう。

■半蔵門にて

15時前に半蔵門駅に到着。直ぐに皇居方面へと向かう。
半蔵門から千鳥ヶ淵までのお堀沿いは、皇居内堀沿いの桜の名所の中で唯一、宴会が許可されているエリア。まだ平日の昼間なので、酒を飲んでいるグループは見掛けなかったが、明らかに場所取りをしていると思われる人達はあちこちにいた。

見た目では、東京No.1の桜の名所と言えるだろう、千鳥ヶ淵から半蔵門へ流れて来た人も多い。平日の日中なのに、結構、人出も多めだった。

ここでは、お堀沿いの桜や、噴水の中にあるオブジェで花見をする鳩、千鳥ヶ淵では見られない枝垂桜の写真などを撮ってみた。

皇居・半蔵門周辺の桜(1)

皇居・半蔵門周辺の桜(2)

皇居・半蔵門周辺の桜(3)

皇居・半蔵門周辺の桜(4)

皇居・半蔵門周辺の桜(5)


■千鳥ヶ淵、牛ヶ淵にて

千鳥ヶ淵は、皇居お堀の斜面とその周辺にソメイヨシノが密集しているエリア。東京で最も桜が綺麗に見える場所。と言っても過言は無いだろう。

そのせいか、そこを訪れる人は外国人も多い。ゆっくりと歩きながら写真を撮っていると、英語は勿論のこと、中国語・韓国語・フィリピン語・ベトナム語のアジア系言語の他に、フランス語の会話も聞こえて来た。人出も半蔵門のほぼ倍の花見客がいたように思う。

でも、このエリアは宴会禁止どころか、飲食さえも原則禁止されている。ただ、桜を見たり写真を撮ったりするだけである。そのせいか、他のエリアに比べると花見客の足取りは早い。
このエリアの桜の見栄えは、皇居土手の芝生ともマッチして見事なのにね。

千鳥ヶ淵で一番、桜が良く見える場所が、ボート乗り場の上の小さい広場。毎度のことだが、ここでは二重、三重にもなってカメラ(含む携帯)を抱えて写真を撮る人が絶えない。

ここで撮れる桜の風景は、こんな感じである。

皇居・千鳥ヶ淵の桜(1)

皇居・千鳥ヶ淵の桜(2)

皇居・千鳥ヶ淵の桜(3)


この後、武道館の方へ向かいながら桜の写真を撮り続け、終わったのは16時をゆうに過ぎていた。
さっさと、浅草へ向かわねば。

皇居・千鳥ヶ淵の桜(7)

皇居・千鳥ヶ淵の桜(8)

皇居・千鳥ヶ淵の桜(9)

皇居・牛ヶ淵の桜と武道館の屋根


...東京桜ツアー(浅草編)へ続く
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1800-6be5aaad
    この記事へのトラックバック



    最近の記事