第56回 逗子海岸花火大会

2013年06月02日 05:54 <--クリックお願い!

昨日は、神奈川県逗子市の逗子海岸で花火大会が開催された。
ここの花火大会に行くのは、2010年以来3年振り。当時は8月の平日に行われたが、現在は6月第一週の週末に開催が変更になったことから、気軽に出掛けることが出来るようになった。

では、昨日の花火の写真と動画をUPしよう。
昨日は、18時過ぎに逗子海岸に到着。駅から一番近い中央部のエリアは、思った通り、座る場所はまったく見当たらない。しかし、広い砂浜での開催の場合、その砂浜の中央部から数百mほど移動すると、殆どは空きスペースが目立つもの。これは、江ノ島花火大会でも経験済みである。

しかも、昨日の風向きは北、または北東の風と、逗子海岸の鎌倉寄りから見た場合は、ちょうど風上の位置になる絶好の日でもある。事前にそれを調べていたので、出掛けるのは、花火打上げ開始1時間前に到着すれば十分。と言う訳で、夏の河川敷の花火大会では考えられない、打上げ開始1時間前に、写真撮影を行うポイントを決定した。
夏の河川敷の花火大会なら、打上げ開始3時間前には写真撮影を行うポイントを確保するんですけどね。

思った通り、鎌倉寄りのビーチでは、まだ十分に三脚をセットして着席出来るスペースがあちらこちらにあった。
しかし、花火打上げ15分程前にもなると、自分が着席した周辺でも、人でびっしり。前回、ここに来た時は平日だったため、夏とはいえまだ余裕があったが、やはり土曜日開催ともなると違うようだ。

夏のビーチは、海の家が砂浜にびっしりと建てられるが、6月初めはまだ、それが無い。その分、多くの花火見物スペースが確保出来る訳だが、多分、週末開催に変更したいが、花火大会主催者が海水浴シーズンは無理と判断したのだろう。

梅雨に入ったため、数日前には雨の不安もしていたが、金曜日の天気予報でそれも払拭。雨の不安はまったく無く、花火の写真撮影が出来た。


ところで、あれ?と思ったこと。

通常、たいていの花火大会では、会場周辺には出店が並ぶものだが、ここの花火大会ではそれが見当たらない。駅~花火大会会場へ行くまでの間、唯一あったのが、ワゴン車で出ていた出店一軒のみ。こちらも、地元警察が出店を禁止していたのかも。


では、花火の写真と動画をUPします。

2013年 逗子海岸花火大会(1)

2013年 逗子海岸花火大会(2)

2013年 逗子海岸花火大会(3)

2013年 逗子海岸花火大会(4)

2013年 逗子海岸花火大会(5)

2013年 逗子海岸花火大会(6)

2013年 逗子海岸花火大会(7)

2013年 逗子海岸花火大会(8)

2013年 逗子海岸花火大会(9)

2013年 逗子海岸花火大会(10)





昨日、花火大会会場でBCLのTwitterを読んでいたら、Eスポ発生して中国語のFM局が並んでいるとのメッセージ。
ラジオを持って来るのを諦めたんだけど、やっぱり持ってくるべきだったのか。
今日が、自宅バルコニーを使用出来る最後の日。今年、自宅でDXが出来る最後の日でもある。・・・でも、もう足元までビル工事の足場が組まれているんですけどね。

今日はEスポ発生を期待して、今年最後の、自宅でのVHFDXである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1834-b339295e
    この記事へのトラックバック



    最近の記事