夏休みに聞いたCFM局のベリカード等(信州編)

2013年09月03日 23:59 <--クリックお願い!

今年の夏休み、伊豆、信州、北関東の3地域の未受信のコミュニティFM放送を受信する日帰り旅を実施。
今日までに全6局中5局からの返信を得た。

第2弾の信州編では、長野県飯田市と、安曇野市のコミュニティFM放送局のベリカードやステッカーを紹介します。

■長野県飯田市 i-Station 76.3MHz

5~6年前までは、ローカル番組を聞こうとすると、川崎から青春18きっぷを使って向かった場合は、日帰りが不可能だった。それが可能となったのは数年前。そして今では、安曇野市の局受信を兼ねても、日帰りが出来るようになった。
これには、飯田線のスピードアップや、中央線普通列車との接続がとても良くなったことが大きい。
今回の旅では、南武線立川行きの始発電車に乗り、飯田駅には13:25到着。しかし、i-Station自体は飯田駅到着の30分近くも前から聞こえ出し、結局は30分間超の受信時間中、20分は電車の中で受信。飯田での滞在予定時間は45分間だったが、飯田駅前の受信は僅かに10分程で済んでしまった。

返信はベリカードとステッカー、番組表だった。

i-Station(飯田ステーション)のベリカード

i-Station(飯田ステーション)のステッカー


■長野県安曇野市 あずみ野FM 76.1MHz

昨年11月に開局。信州で最も新しいコミュニティ放送局である。
受信当日は、松本へ向かう中央線を走る列車内でチェック。南松本駅付近で受信出来たため、安曇野まで行かなくても、松本駅前でバッチリ受信出来るだろうと鷹をくくり、松本駅改札を出てから受信。ところが、まったく受信出来ず、あせりました。

結局、松本駅前のデパート屋上のビアガーデンで受信。でも、8F建てビルの屋上でもSINPO25222と、信号が弱いだけじゃなくノイズもキツイ。そんな状況の中、受信した局です。
でも、日帰りの地方CFM局受信で初めて、一杯やりながら受信で出来た局でもあった訳です。

ベリカードとステッカーは2枚。番組表もあり、なかなか返信サービスは良好でした。

あずみ野エフエムのベリカード

あずみ野エフエムのステッカー(1)

あずみ野エフエムのステッカー(2)



残りは伊豆市のFM Isと、伊豆の国市のFMいずのくにの2局ですが、FM Isはべリカード未発行だし、FMいずのくには、まだ返信が届いていません。

果たして、記事がUP出来るのはいつになるやら。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1864-0adffdb9
    この記事へのトラックバック



    最近の記事