BCLミーティング

2013年09月29日 13:04 <--クリックお願い!

昨日は、横浜市長津田でBCLミーティングが開催された。
前回は欠席したので、自身は今年4月以来の参加である。

今回のミーティングでは、先日の北米中波局狙いのDXペディションで記録したファイルをノートPCに載せ、SDR受信機の画面を操作してもらって、まるで今、受信中のような体験をして貰った。

このことは、前日のブログ記事に書いて予告をしておいたので、その記事を読んでミーティングに参加された方も。

初めてSDR受信機の画面を操作した方の感想では、画面の文字が小さ過ぎて見辛い。せめて、受信時間の表示はもっと大きくして、周波数表示の横に出して欲しいという意見。確かに、その通りである。

13.3インチ画面のノートPCで、1280×1024ピクセルの画面で表示しているせいもあるだろうが、メンバー40歳代後半~50歳代前半の、オヤジ集団の意見では仕方の無い所か。

しかし、受信性能そのものは高く、一昔前の通信機型受信機を超える性能を発揮する部分の実演も行った。
例えば、1090kHzのXEPRSを受信した場面。1089kHzのNHKとのビートがキツイので、AMモード受信では、受信周波数を1kHz以上、上にずらして受信するのが常だが、SDR受信機のAM SYNCモードにして受信すると、中心周波数のままずらしていなくても、ビートが消える。
しかも、もしこの時に受信周波数が中心周波数とずれていた場合、ダイヤル操作をしなくても、勝手に動いて中心周波数へ移動してくれる。

それらの実演を見て、マジで買おうかと考える人も出たのだが、果たしてどうなるか。


その他の情報では、やはり夏休み中のBCL成果発表の場とあってか、地方に出掛けてGETした、コニュニティFM放送のベリカード公開もあった。
その場面で、自分が「あっ、その手があった。しまった!」と感じたことも。

伊豆市のFM Isは、返信は直ぐに来るのだが、ベリカードを発行していないので、番組表とステッカーが送られてくる。今回、ベリを公開した方は、なんと、ものの見事にベリカードを見せてくれた。
その理由は、PFCの同封。カード発行番号はNo.13だったので、同じ手法でベリを獲得した方が13人いたという事だろうか。

かつて、山陰旅行のさいには自分もやっていたことだが、伊豆は近いので、いつでも日帰り出来るという手頃感もあってか、ベリを発行していないのを知っていたのに、PFCを同封するのを失念していた。
「うーん、残念。このリベンジは今年中に」

そう感じざるを得ないのだった。


来週末は東扇島でDX受信会。でも、週間予報は雨。心配だなぁ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1875-e903f0ae
    この記事へのトラックバック



    最近の記事