秋の野毛大道芸

2013年10月06日 18:13 <--クリックお願い!

今日は野毛大道芸に出掛けて来た。
毎年、春と秋の二度開催されるイベントだが、秋の大道芸に出掛けたのは初めて。

毎年出掛けている、春の大道芸との違いはあるのだろうか。

春の野毛大道芸で、必ず見ているのはベリーダンス。秋の大道芸でもベリーダンスチームによる踊りが披露されていた。
出演していたベリーダンスチームは、4月に行われた二度の大道芸、よこはま大道芸と野毛大道芸に出演していたのとは異なるチーム。春に出演していたチームよりもベテランに見えた。春の方が若いダンサーが多いので、写真ネタ的には春の方が良い。
そのせいか、自分が到着した時間には、既にダンスが始まっていたのも関わらず、前から2列目の位置で写真が撮れてしまった。

写真を撮ろうとするオッサン達の数も(あっ、オレもか)、春より少な目。
というよりも、今日の野毛大道芸全体に云えることだったが、明らかに観覧の数も、間違い無く春より少ない。出演している大道芸人の数も、春よりも若干少な目だったので、大会の規模自体が小さかったのかも。

でも、やっぱりベリーダンスを撮ろうとするカメラマンが、一番多いのも事実である。

2013年秋の野毛大道芸(1)

2013年秋の野毛大道芸(2)

2013年秋の野毛大道芸(3)

2013年秋の野毛大道芸(4)

2013年秋の野毛大道芸(5)


ベリーダンスの写真を撮った後は、コスプレをした女性が、大道芸を見に来たお客さんの目の前までやって来て愛想を振りまく「オルゴール人形オリーブ」や、仮面をして歩く女性「黒き翼」を撮ってみた。
このような格好をしている人は、今月最終日曜日のカワハロなら、少なくとも百人は出てくるんだけど。

2013年秋の野毛大道芸(10)

2013年秋の野毛大道芸(6)


この後、外国人の「大道芸人RIKI」や、「Duo Abimanola」。ゴーグルをした大道芸人「カナール・ペキノワ」の写真を撮り、13時には帰宅の途に着いた。・・・って、16時までやっているのに早くないか。

2013年秋の野毛大道芸(8)

2013年秋の野毛大道芸(7)

2013年秋の野毛大道芸(9)


来週末は3連休。土曜日は鴻巣花火大会で、日曜日はTPDX狙いの日帰りDXペディ。まだ、茨城県日立市の鵜の岬へ行くか、千葉県銚子市の犬吠崎のどちらに行くかは決めていないが、関東最東端の、犬吠崎灯台の目の前でのDXも魅力かも。

さて、どうする?。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1878-0e45c1ea
この記事へのトラックバック



最近の記事