秋の乗り放題パス

2013年10月11日 23:14 <--クリックお願い!

明日からの3連休。幸いにも、3連休中は晴天が続く。
そこで、この3連休中は、このブログタイトル通りの行動「写真とBCL」に精を出す予定だ。
明日は、埼玉県鴻巣市の花火大会。明後日は、茨城県日立市鵜の岬でプチDXペディション。勿論、狙いは日没時間のTPDX局だ。

鴻巣は、横浜から片道1200円程度の交通費だが、鵜の岬の最寄駅の十王駅までは片道3200円程もする。夏は青春18きっぷを使ったので、交通費が高いというイメージは無かったが、流石に今の時期は違う。交通費は、先月DXペディに出掛けた千葉県いすみ市の倍も掛かってしまう。

例年なら、この時期は鉄道の日記念きっぷという、青春18きっぷと同等の効力があるきっぷが発売される。ところが、青春18きっぷなら一日辺り2,300円のこのきっぷが、3,000円を超えてしまうのだ。

ところが、今年は「秋の乗り放題きっぷ」として、1日辺り2,500円のきっぷが発売された。この3連休中、土日に計画している日帰り旅でも、余裕で元がとれてしまうのだ。

という訳で、明日の花火と、明後日の日帰りDXペディは、この切符を使い出掛けて来る。


今年の鴻巣花火大会は、打上げ本数は昨年と同じ15,000発だが、なんとラストには四尺玉が打ち上がる。関東では初めて。日本全国でも、唯一、新潟県小千谷市の片貝祭り花火大会で打ち上げられている花火だが、この花火は世界一の花火として、ギネスにも登録されているものだ。
これと同じものが関東で見られる。というか撮ることが出来る。

明日はカメラを2台導入し、ラストの尺玉300連発と3尺玉、4尺玉を写真と動画で撮るつもりだ。でも、自分も初めて見る4尺玉の花火。直径800メートルの花火は、どのように見えるだろうか。


明後日は、9月7日以来の茨城県日立市鵜の岬での日帰りDXペディ。10月は、一年で最もTPDXの成果が期待出来る季節でもある。

そんな季節、日帰りペディの北限?の地でのDXペディ。前回はTPDX局のf/inは17時頃だったが、今は、その時よりも1時間近くも早い筈。16時の正時からワッチスタートし、18時の正時までワッチするつもり。
終電に間に合わせるのを考えるだけなら、19時の正時までワッチ可能だが、ノートPCのバッテリーが持つ時間を考えると、それには無理がありそう。
ワッチは正時前後に集中し、他の時間帯はDE1103を使用してDXを行うことになりそうだ。


でも、きっぷはあと一日分残っている。祝日の月曜日はどうしようかな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1879-e43fa2d9
    この記事へのトラックバック



    最近の記事