FLAGアンテナ実験

2013年12月01日 08:49 <--クリックお願い!

昨日、いよいよ導入したフラグアンテナの実験のため、川崎市川崎区東扇島の東扇島東公園に出掛けて来た。

目標は、やっぱり先日のDX受信会でエムエムさんのFLAGアンテナと同じ性能を発揮し、同様な成果が得られること。

しかし、残念ながら5.4m長のグラスファイヤーポールが入手出来なかったため、ランタンスタンドを代用。そのためアンテナの高さは、上辺が2.6mで、下辺が1.7mと、エムエムさんのFLAGアンテナよりも2m以上も低い。そこがネックとなるポイントで、同様な成果が出ないのでは・・・。という不安も過っていた。

公園には14時過ぎに到着。太陽がそそぐこの時間は、結構暖かい。でも、ノートPC画面は太陽光が当たると殆ど見えないため、大きな屋根が掛かる休憩スポットでのワッチをしようと思っていたが、なんと、そこでは十数人もの子供達が陣取り、連れ添いの大人達と混じって遊んでいた。
「あちゃー」

結局は、いつもの通りに渚の休憩所のテーブルでのワッチである。

張ったワイヤーは6m長が2本。水平部は5m程である。2本のワイヤーの片側を、Wellbrook Communications社のFLG100LNにつなぎ、もう一方を終端抵抗ボックスへつなぐ。この終端抵抗ボックスは、500Ωの抵抗と500Ωのボリュームを直列につないだものだ。

自身、一人でFLAGアンテナを設置するのは初めてだったせいか、アンテナ設置に30分程も掛かってしまう。出来るだけピーンと一直線に張ろうとすると、ワイヤーの張力でポールのひもが外れてしまう。そんなことを何度か繰り返してしまった。

結局、受信機設置を含む全ての準備が完了したのが15時少し前。早速、この地でDXを行うさいの癌ともいうべき、RFラジオ日本(1422kHz)の信号強度をチェックしてみる。すると・・・。
なんと、SメーターはS9+10~20、レベルも最大で-57dBmという結果。先日のエムエムさんのFLAGアンテナよりも-5dBm低い結果が出た。・・・多分、この差は単純にワイヤーの高さのせいだと思うけど。

では、早速DXである。まだ記録ファイルのチェックは始めていないので、その場での聞いた局のみだが、とにかく17時前後の31mbブラジル局の状態には驚愕した。

R.Aparecida(9630kHz)はローカル局並みの状態でSINPO45444。もうビックリ状態である。18時までは中国局がいるため受信不能な筈の、R.Bandeirantes(9645kHz)もUSBモードならIDが取れる。R.Voz Missionaria(9665kHz)に至っては、完全に同波のチョソンの声を潰して聞こえている。9819kHzのR.9 de Julboは常連なので入感自体は珍しくないが、受信状態がSINPO35433とバッチリである。

でも、中波帯はTPDX局の状態がイマひとつ。1700kHzのESPNの強さはハンパじゃなかったけど、それが目立っていただけで、他はいま一つだった。

・・・というか、ELAD FDM-S1での受信ではまったく気にならなかったが、DE1103では想定外の事態が発生していた。

ここ東扇島の対岸は木更津。そこにはニッポン放送(1242kHz)の送信所がある。なんと、DE1103で受信すると、中波帯や短波ローバンド帯のあちこちに、ニッポン放送が聞こえるという現象が発生する。ガ~ン!!

今まで、DE1103での受信では、RFラジオ日本でこの状態どころか、中波全域と短波帯ではハイバンドでも発生していた。

RFラジオ日本の信号が弱まれば、スプリアスの発生は無いと思っていたので、今回はハイパスフィルターを持って来なかった。結局、DE1103での受信では、ハイパスフィルターが必要だったようで。

東扇島でFLAGアンテナ(1)

東扇島でFLAGアンテナ(2)


残りの課題は、ノートPCでのワッチでも出来るだけ長い時間のDXを可能にすること。ノートPC用の汎用外付バッテリー「エナジャイザー XP18000A」を買うつもり。今日、ヨドバシカメラに行くつもりだけど、果たして在庫あるかな。
これがあれば、連続3時間のワッチが可能になるので、ノートPCのバッテリーと合わせると4時間の連続DXが出来る。正時と30分の前後10分間にノートPCでワッチするなどすれば、東扇島では日没前の16時から、22時までDXが出来るようになるので、その成果は絶大なものになる。(最終バスの関係で、22時過ぎまでのDXが限界なので)

でも、やっぱり日が暮れると寒いよな~。昨日もそうだったし・・・。

受信ログは、受信記録解析後UPするので、数日後にでも。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1900-1a2310b9
    この記事へのトラックバック



    最近の記事