第90回箱根駅伝

2014年01月03日 15:25 <--クリックお願い!

新年明けましておめでとうございます。
今年も、当ブログ「BCLと写真が好きなおじさんの日記」を宜しくお願いいたします。

新年はやっぱり初日の出からスタート・・・
のつもりでしたが、元旦は目覚ましをセットし忘れ、目が覚めたのが6時を過ぎた頃。
これでは、海沿いからの初日の出を撮ることは不可能。仕方が無く諦めました。ガクッ

2、3日は箱根駅伝。今年は90回記念大会なので走る大学数も増えています、
今年もまた、力走するランナーの応援と、写真撮影をしに、鶴見中継所に行って来ました。

昨年の正月は風邪を引いてしまい、4日間も寝込んでしまったため、箱根駅伝を見に行くことが出来ませんでした。
原因は年末に家族が引いた風邪が移ったため。しかし、今年は風邪を引いた家族はいないので、体調も好調。年末の12月30日と元旦の夜間に、川崎市川崎区東扇島の東扇島東公園で、北米中波局と南米短波局狙いのDX(成果は明日か明後日にUPします)をしても、全然平気デス。

NTV


さて、本題。

例年、京浜急行の鶴見市場駅前にはランナーの控え室となるテントが林立。その近くでは走り終えたランナーへのインタビュー。当然ながら、一位通過のランナーに対してのインタビューとなるので、今年は2位と大差を付けて優勝した東洋大の選手となる。

そのシーンでは黒山の人だかりとなり、携帯電話のカメラで写真を撮ろうとする人があちこちに。でも、自分はあくまでランナーが走るシーンを。

自分が復路で写真を撮った場所は、鶴見中継所から数百m東京寄りの位置。今年は繰り上げで走った選手が多く、いつもは最終ランナーは単独で走っているが、今年は沢山の大学が繰り上げスタートとなってしまい、なんとラストは7名もの大集団。
そのため、ラストはカメラをバックにしまい、箱根駅伝では毎度お馴染みの応援旗(と言っても、読売新聞や報知新聞が沿道で配りばくる、新聞社のマークが全面に入った旗で、完全なる両新聞の宣伝目的の旗)を振りながら声援を送った。

それにしても東洋大が強過ぎるのか、他の大学が弱いのか。

来年は最終10区でも1校も繰上げスタートが無いようなデットヒートのレースを撮りたいなぁ。

では、昨日と今日、撮影したランナーの雄姿をUPしますか。

■往路

山梨学院大学、帝京大学

大東文化大学

東京農業大学

拓殖大学、国学院大学

神奈川大学


■復路

駒沢大学の其田選手

日本体育大学の甲斐選手

明治大学の石間選手

東京農業大学の山本選手、帝京大学の杉山選手

中央学院大学の山田選手


今年の年末年始休暇は、前半が川崎市川崎区東扇島の、東扇島東公園で北米中波局と中南米短波局を狙ってのDXペディション。なんと、12月30日と1月1日の2度も行い、寒空の中、なんと一方は20時過ぎまで。もう一方は21時過ぎまでワッチを続けました。
後半スタートの昨日からは写真撮影がメイン。箱根駅伝の他、今日は夜間にイルミネーションの写真撮影と温泉?に入りに読売ランドに出掛けて来ます。

明日と明後日は特に予定は無し。当初、明日の土曜日は雨の予報が晴れに変わったので、もしかしたら、今度も東扇島にDXをしに行ってしまうかも。
明日の夜間の気温と風の強さが判断の基準デス。8度以上で、風速3m以下。さて、明日はどうなる?。
スポンサーサイト


コメント

  1. Futian | URL | j6qhiXM6

    お疲れ様でした

    箱根駅伝は静岡でもテレビ中継(SDT)されるので、毎年楽しみに見ています。
    特に自分に縁のある茅ヶ崎や平塚・大磯が映ると画面に見入ってしまいます。
    中学生くらいまでは、近所を通過するので、ナマで見たりしましたが、写真を見ていると、あの頃感じた沿道の独特の雰囲気が写真から伝わって来る感じがします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1911-edaba7f0
この記事へのトラックバック



最近の記事