新居候補地の下見

2014年02月22日 19:49 <--クリックお願い!

今日、新居候補地の下見に出掛けて来た。

場所は、従来と同じ横浜市内。これまでは南武線沿線に住んでいたが、今度は京浜東北線沿線。
駅からの所要時間も、現在よりも5分短縮する。

2000年に、現在の4LDKマンションを購入した時は、両親と兄弟の4人暮らし。しかし、8年前に父親、昨年は母親を亡くし、兄弟も先月家を出た。一人暮しには、余りにも無駄な広さである。

そこで、マンションを売却してUR賃貸を借りることにした。また新たなマンションを購入する方法もあるが、やっぱり震災発生時の負担が怖い。賃貸なら、貸主が負担するしね。
その貸主がURの方が、安心感もある。その代わり、民間よりも家賃が1~2万円高くなるけど、民間ならある不動産仲介料と礼金、2年毎の更新料が無し。民間なら家賃4~6ヶ月必要となる初期費用が、URなら3ヶ月で済む。

URの賃貸住宅にしたのには、そんな理由がある。

これまでの贅沢な広さに慣れてしまったせいか、ワンルームの広さでは不満。なので、今日見た間取りはリビング・ダイニングで12畳程の広さ、洋室も7畳程ある、48平米の団地である。一人暮らしにはやや贅沢かも。

現在は11階建てマンションの4階。下見をしたのは11階建ての11階。バルコニーからの視界は、雲泥の差があるので、DX的なロケーションも、現在よりも遥かにFBとなる事が容易に判断出来る。
バルコニーは南東を正面とし、その正面方向が開けている。でも、南西側は、12~14階建てのマンションやオフィスビルが林立していた。

有力な候補になりそうだが、まだ川崎駅近くのUR住宅、横浜駅近くのUR住宅も候補にしている。買い物を考えると、圧倒的に川崎駅近くの方が便利。なんせ、ラゾーナ川崎から徒歩数分の近さだし。

リビング・ダイニング
リビング・ダイニング

バルコニー
バルコニー

バルコニーからの眺め
バルコニーからの眺め


現在のバルコニーの手擦りはぶ厚いコンクリート。しかし、候補にしているUR住宅は鉄棒の手擦りなので、アンテナが張りやすい。
今日、下見をした団地のバルコニーの広さは1.5m×6m。現在使用しているALA-1530の他に、もう1本アンテナが出せる広さがあるけど、もし、ここに引越しして来た場合、ダメ元でFLAGアンテナを試してみようかな。
スポンサーサイト


コメント

  1. Futian | URL | j6qhiXM6

    すばらしいロケーション!

    11階建ての11階ですか。いいですね。
    V・UHFは特に楽しめそうな…
    ひとごとながら色々想像してしまいますv-10

  2. 西口 | URL | FSYT/83M

    Re:すばらしいロケーション!

    いえいえ、Futianさん所の自然に囲まれ温泉もあって、富士山も眺められるロケーションの方が、断然FBですよ。

    でも、確かにEスポシーズンは大いに期待出来ますね。自身は2000年を最後に受信していない、グアムやサイパンのFM局が聞こえちゃうかも。

    多分、CFM局もこれまでよりもFBに聞こえると思います。受信可能なCFM局は、現在の住居よりも増える可能性も有りかと。もし増えるとすれば、横浜市青葉区のFMサルースと戸塚区のFM戸塚、鎌倉市の鎌倉FMの計3局。

    この場所から徒歩10分のショッピングセンターの屋上(3F)で、鎌倉FMや戸塚FMをFBに受信したことがあるので、少なくても、この2局が聞こえるようになるのは間違いないと思います。

    でも、あくまでここに住めばの話ですが。
    横浜駅近くのUR住宅は、臨港パークの花火が目の前から上がるので、これも魅力だなぁ。と思ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1923-5c8188e8
この記事へのトラックバック



最近の記事