2014年も桜は三ツ池公園から

2014年03月30日 16:37 <--クリックお願い!

昨日の午後、桜の写真を撮りに出掛けて来た。
引越したとはいえ、やっぱり横浜で一番の桜の名所、桜の名所100選に選定されている鶴見区の三ッ池公園を外す訳にはいかない。

今年もまた、桜の写真は三ッ池公園からスタートした。

三ッ池公園の桜は、まだ1、2分咲き程度の木が多く、まだまだこれからと云う感じ。でも、今年は開花から気温が高めの日が続いているので、来週末まで持ってくれるかは少々疑問。そして、今日は強い風と雨なので桜写真撮影には行けず。もしかしたら、これが今年唯一の桜写真撮影になってしまうかも。

先ずは、池の畔に売店もある下の池の畔の写真撮影から開始。ここには、開花標準木もある。
昨年までは、この池にはユリカモメが大量にいたが、今年はその姿が見えず。水鳥はカモしかいなかった。ユリカモメは渡り鳥。ここ1週間で、まるで4月下旬頃のような気温が高めの日が続き出したので、急に北へ向かってしまったのだろうか。

そういえば、例年なら桜の季節には、まだ鶴見川にもユリカモメは沢山いるのだが、その姿も見えなかった。

2014 三ッ池公園の桜(その1)

2014 三ッ池公園の桜(その2)

2014 三ッ池公園の桜(その3)

2014 三ッ池公園の桜(その7)


ユリカモメの姿は見えなかったけど、その代わりに、昨年までは殆ど姿を見かけたことが無い、カメの姿を中の池で見かけた。
桜とカメの構図の写真を撮るのは初めてかも。

2014 三ッ池公園の桜(その4)


ここ三ッ池公園では、水の広場周辺の桜がもっとも早く開花する。下の池畔の桜はまだまだの状況でも、この広場周辺の桜は、満開かと思えるような状態だった。

2014 三ッ池公園の桜(その9)

2014 三ッ池公園の桜(その10)


ここ三ッ池公園には、大きな枝垂れ桜が何本か植えられているエリアがある。毎年、この時期には高そうな一眼レフカメラを担いで、その枝垂れ桜の前に三脚を構えて写真を撮るアマチュアカメラマンの姿を多数見掛ける場所でもある。

2014 三ッ池公園の桜(その6)


ところが・・・である。
今年は、そのカメラマンの姿が何処にも無い。何故・・・

その理由は、これだった。

三ッ池公園 名木の紅枝垂桜は死んだのか・・・(2)


今年は、なんと三ッ池公園で最も歴史のある紅枝垂桜が咲いていない。こんな状態である。

三ッ池公園 名木の枝垂桜は死んだのか・・・(1)


ちなみに、昨年はこんなに見事な花を咲かせていた。

三ッ池公園の桜(6)


昨年から今年の掛けての異常気象が、こんな結果をもたらしてしまったのだろうか。
それとも、単に寿命だったのか・・・

三ッ池公園で、最も見事な桜だっただけに、残念で仕方が無い。


来週末は、桜が持っていてくれれば、三渓園のライトアップ桜を撮りに行こうかと思っているけど、果たしてどうなるだろうか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1932-0f06d61e
    この記事へのトラックバック



    最近の記事