横浜トワイライト花火

2014年07月21日 07:24 <--クリックお願い!

今週末は3連休。仕事が忙しいため、最悪2日間は休日出勤か?。そんな不安もあったが、スケジュールがリスケされ、1週間延長された。これだけ延びれば、休日出勤をする必要も無くなるので、今週末は思いっきり花火写真撮影に出掛けるぞ。

ところが・・・

大気が不安定のため、この土日は雷雨に見舞われてしまい、花火写真撮影は難しい。
という訳で、一昨日の足立区千住の花火は断念。昨日は、横浜山下公園前海上での花火大会の写真撮影に出掛けて来た。


雨の不安が無いのなら、対岸の大黒ふ頭で写真撮影を行うことも考えたが、出掛ける前にチェックした天気予報では、雷雨と大雨の警報も出ているので、雨が降った場合に退避出来る場所が無い大黒ふ頭では大いに不安。
かと言って、山下公園では、雨が降り出したら退避する場所がほんの少ししかない。

一番良い場所は大桟橋のくじらの背中だが、ここは激戦区。自分が家を出発したのが18時なので、この時間では余りにも遅過ぎる。

と云う訳で、山下公園からは2km離れるが、雨が降り出したらパシフィコ横浜へ直ぐ退避出来る、臨港パークで花火の写真撮影を行うことにした。

今回の花火大会は、僅か30分間程で、打ち上げ本数も3000発程と、先月、臨港パーク前海上で行われた横浜開港祭の花火よりも1000発も少ない。毎年、1万発以上を打ち上げる花火大会にもいくつか出掛けているので、物足りなさを感じるのは仕方が無い所かも。

花火は19時半打上げ開始。ところが、海の方角、北側数km先では雷がゴロゴロと。稲妻もはっきりと見えた。しかも、雲の流れは明らかにこちらに近付いてくる。

案の定、打上げ開始10分を経過した辺りで雨が降りだし、そこから僅か1~2分で激しい雨へと変わってしまった。急いでパシフィコ横浜へ退避したのは言うまでもない訳で。
花火はこの状況でも打上げは続けられ、最後まで行われた。

結局、この状況ではまともに撮れた写真は、ほんの2、3数。その僅かな写真をUPします。

横浜トワイライト花火2014(1)

横浜トワイライト花火2014(2)

横浜トワイライト花火2014(3)


関東地方では、早ければ明日にも梅雨明けになる見込みとか。
これからの1ヶ月間は、週末の度に花火か祭り写真撮影に出掛ける日々の生活が続く筈・・・である。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1966-40f7be3b
    この記事へのトラックバック



    最近の記事