古河花火大会(単発物&仕掛け花火編)

2014年08月03日 06:43 <--クリックお願い!

自分の写真撮影題材で最も撮影が難しいけど、夢中になってしまうのが「花火」。
その花火の中で、絶対に欠かしたくない花火大会が3つある。

一つは震災以降、秋開催が定例となった埼玉県鴻巣市のこうのす花火大会。日本最大の4尺玉が打ち上がる大会だ。
次に地元、横浜で行われる年5つの花火大会(八景島シーパラダイスの花火は除く)の中で、最大規模の神奈川新聞花火大会。そして、昨日行われた、関東最大の打上げ本数を誇る古河市の古河花火大会だ。

昨夜は、その3つの中の一つ、古河花火大会の写真撮影に出掛けて来た。
昨日行われた古河市の花火大会で打ち上げられた玉の数は、21,159発。そのプログラムの中には、3本も3尺玉が含まれている。
これだけの数の花火が上がるので、写真は2回の記事に分けてUPします。先ずは、大玉中心の単発物と、仕掛け花火の写真をUPです。


打上げ会場はゴルフ場だが、その背後には関東最大規模の池、渡良瀬遊水地が控えている。これだけの広い敷地があるからこそ、大玉も打ち上げる事が出来るのだろう。

打上げ開始は19:23とハンパな時間。昨日は、関東各地で集中的に花火が打上げられる日だったせいか、遠くに別の花火大会の花火が見れたので、それまでは遠くの花火を見ていた。その花火大会とは足利花火大会。なんと、26kmも離れた場所で行われた花火大会である。

古河花火大会の呼び物は、JR東日本の駅に貼り出されているポスターに書かれている、3つの三尺玉。花火が開いた時の直径は600m以上にもなる。オープニング、中盤、ラスト間際の計3回打上げられた。
先ずは、その3本の花火の写真からUPします。

2014古河花火大会 三尺玉打上げ(3)

2014古河花火大会 三尺玉打上げ(2)

2014古河花火大会 三尺玉打上げ(1)


写真撮影した場所が打上げ位置から近いせいもあってか、地上を含めた写真が撮れない。なので、写真ではその大きさが伝わらないのが、残念なんだけど。

ここの花火大会では、日本全国10社の花火業者による花火披露のコーナーがある。そこでは、5号玉3発と尺玉1発の計4発が各々、各々の業者から打ち上げられた。

2014古河花火大会 単発花火(1)

2014古河花火大会 単発花火(2)

2014古河花火大会 単発花火(3)

2014古河花火大会 単発花火(4)


この4枚の写真は、バルブ撮影で約20秒間もシャッターを押し続けた写真。単発なのに複数玉が写っているのは、そんな理由がある。


仕掛け物は、都内の河川敷花火大会でもよく見られる、噴出花火を音楽を流しながら打ち上げるもの。せいぜい数十mの高さにしかならない。
ここで流れた音楽は、松たか子版の「アナと雪の女王」である。やっぱりなぁ。

2014古河花火大会 単発物(5)

2014古河花火大会 単発物(6)

2014古河花火大会 単発物(7)


古河花火大会は、その打上げ本数からも容易に想像出来るように、ワイドスターマインが次から次へと打ち上げられる。
次の記事では、スターマイン編として記事をお送りします。
UPするのは夕方頃かな?

2014古河花火大会 単発物(8)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1970-d002a9b5
    この記事へのトラックバック



    最近の記事