犬吠崎 DXペディ下調べの旅(その2)

2014年09月03日 01:41 <--クリックお願い!

今日は夏休みの最終日。でも、一昨日までのDXペディ調べの旅で記録した受信データの解析がまだ終了していない。
なので、今日はこれに専念するかも。

その2では、宿泊した宿のDXロケーションとして感じたことを書いていこうと思う。

宿泊した宿はペンション。犬吠崎とその周辺には2つのペンションがあるが、そのうち一人だけの利用が出来るのは一つだけ。自分が利用したペンションは、じゃらんや楽天トラベル上からも予約が出来る「ペンション・ヘルシーウィング」だ。
殆どが洋室ダブルの部屋だが、6名まで泊まれる大部屋が一つだけある。
6名までのミーティングメンバーでの利用を考え、下見に泊まりに行くことを、予め電話で伝えていたので、一人の宿泊だが、今回はこの6人部屋を使う配慮をして頂いた。ところが・・・。

窓から外を見ると、僅か2m程で隣の敷地の畑。その境は塀で区切られている。地面はコンクリートだし、ボイラー室と思われる小屋も真横にある。6人部屋からでは、アンテナの架設は無理ぽい。

これも、予め予約時に確認していたことだが、プールのある敷地を利用してアンテナを張らせて欲しい。そのOKは頂いていた。しかし、その6人部屋は、プールのある方角とまったく正反対の方角の部屋だった。
そこで、わがままを言ってプールが目の前の部屋に変えてもらった。という訳で、ミーティング主催のDXペディを行う場合、ツインの洋室を参加メンバー数分だけ確保することになる。

さて、アンテナ架設である。当然ながらプールサイドはコンクリートである。でも、このプールの幅は5~6m程しかない。プールサイドを囲むように植木があるので、ワイヤーをそこまで伸ばせばアンテナが張れる。ここまでは、Googleマップの衛星写真を見て折込済みだった。なので、引込み線は10m、エレメントは8m位で十分と判断。予備に5mの引込み線。2本のアンテナ柱とそれを支える三脚2本。これが持参したアンテナシステムだった。

ところがである。衛星写真では判らない問題が発生したのである。

建物の形はこうである。

ペンションの構造図


北米中波DXをFLAGアンテナでしようと考えていたので、アンテナはプールの先の土エリアに、平行にポールを立てようと考えていた。この方角に張れば、FLAGアンテナは真東を向くしね。
ところが、である。1Fと2Fとでは広さが段違い。1Fは食堂やトレーニングルームがあり、宿泊する部屋は無い。なんと、想定していたプールサイドを越えた土のエリアに引込み線を届かせるには、20mの引き込み線が必要だったのだ。しかし、持って来た引込み線は10mと5mの2本。2本を継ぎ足しても、届かないのである。

仕方が無く、今回は建物の東側の空きスペースに、北北東向きに6m程のFLAGアンテナを張った。でも、このエリアは逆に木がじゃまをして、アンテナステイの高さは3m程度までしか伸ばせなかった。しかも・・・
そこから僅か5m程度しか離れていない場所にボイラー室。一番、ノイズが懸念されるエリアに接近していたのである。
当初予定していた場所なら、ボイラ-室から20m以上、しかもその間に建物があるのでシールド効果が期待出来たのだが・・・。

案の定、その不安は的中。ボイラーを使う夕方から夜間にかけては、短波ローバンドはノイズが目立つ。中波もXバンドのノイズが気になった。まぁ、例えば60mbで言えば、5025kHzのR.Rebeldeを聞くには、IDは取れるけど、ノイズが気になる状態。そのノイズはXバンド辺りから始まって、短波では8MHz付近まで続いていた。
でも、そのノイズはXバンドを除く中波帯には影響を与えていない。この状態はまさに、昨年9月、千葉県いすみ市で行ったDXペディション時とまったく同じである。この時はノイズで短波DXは諦めたが、中波ではTPDX局を大量受信した。

しかし、ボイラーを使用しない深夜~早朝は自然ノイズ以外には無い。早朝、4976kHzのR.Ugandaがとてもクリアに聞こえていた。

という訳で、ここでのアンテナ架設には、長い同軸の引込み線が欠かせない。という教訓を得た。集団でDXペディを行う場合、やっぱり事前の下見は重要だと認識した次第である。

なお、プールサイドの立木を使用すれば、プールを斜めに縦断する20mオーバーのワイヤーアンテナの架設も可能。部屋の窓には手擦りは無いので、AN-12等のバーチカル系の架設は難しい。

宿泊は素泊まり。8月中は夏シーズン料金だったので5,500円だったが、DXペディションを行う10から11月は4,000円台だ。徒歩8分の場所にセブンイレブン。10分の場所にローソンがある。そのセブンイレブンの直ぐそばに、回転すし屋もあるので、素泊まりでも食事には困らない。
只、周りの道は街灯が無く暗い。日没後にコンビニで買い物や外食するなら、懐中電灯は必須だろう。その分、晴天なら満天の星空も期待出来るが、空はあいにくの曇り空。早朝には強めの雨も降り出してしまった。

尚、この宿にはWiFiが通じているので、無線LANを搭載したPCを持参すれば、インターネット接続が可能な筈。
ところが・・・である。自分のPCを無線接続しても、ルーターまでは接続出来るが、その先のインターネット回線までは接続出来ない。というトラブルが発生していた。

ペンションの主は、接続出来ない事実を把握していなかった。その復旧方法も詳しくは判らないとか。でも、自分のPCは接続してツイッターや掲示板で、犬吠崎でDXペディ中と発言したいなぁ。
その思いが強く、事務室エリアに入らせて貰い、復旧を試みた。ところが、全然つながらない。結局、初日は諦めた。その労力がありがたいと感じてくれたのか、なんとビール1本とつまみをサービスで出してくれた。自分がインターネットを利用したいためにやっただけのことだったのだが、これはラッキーである。

2日目。やはりインターネット接続が出来るDXペディ会場だよ。と言うのは、ミーティングで結果報告するさいには、かなり高いポイントとなる。そう考えて、チェックアウト前にリトライさせて貰った。今度はずうずうしくも、自分のノートPCをルーターにLANケーブルを接続し、初期化を試みる。
すると、無線LAN機能が見事に復旧した。

バンザーイ。次回からはDXペディしながら実況中継をブログで出来るぞ。
ちなみに、宿の経営で使うルーターは別。接続出来ていなかったのは、宿泊者向けのルーターだった。接続出来ていなかった事実は知らなかったそうで。

これを復旧させたことで、朝はコーヒーとビスケットをサービス。小雨が降っていたので、高速バスのバス停までの徒歩8分程の僅かな距離だが、車で送迎までしてくれた。

一人宿泊も、アンテナ架設もOK。エレメントを張る位置を間違えなければノイズも無し。.DXペディの常宿として使えそうなので、チェックアウト時には、今年の大晦日の宿泊の予約を入れた。
ちなみに、大晦日はじゃらんや楽天トラベルなど、インターネットでは予約は受付しない特別な日。今度の元旦は、犬吠崎灯台の目の前で初日の出が決定したのである。


最後の記事は受信編。ログをUPする予定ですが、こちらは今週末になりそうです。

<9月3日追記>
ペンションヘルシーウィングの基本情報です。
・洋室でベットが2つ。但し、一人宿泊者用にベットが1つしかない部屋もあり。
・ユニットバス&トイレ付き。完全なるビジネスホテルタイプのバスユニット。
・クローゼット付き
・シングルベッド、14インチTV、冷蔵庫、1辺50cm程度の小さいテーブルと椅子あり。
・素泊まりでの利用者を考えて、廊下に2台の電子レンジあり。
・近くのコンビニはセブンイレブンで、徒歩8分程度。徒歩10分程度の場所にローソンもある。
・セブンイレブンの向かい側に回転すし屋があるが、営業時間は不明。食べログの評価も良くない。
・徒歩十数分の場所に日帰り温泉施設があり、ペンションが割引券をくれる。
・銚子電鉄君ヶ浜駅、犬吠駅より各々徒歩8分。高速バス犬吠崎バス停より徒歩7分。
・街灯が無く、夜間はライトを持たないと、とても外を歩く状況に無い。その分、晴天の日は天の川も見えるかも。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1983-a66cd040
    この記事へのトラックバック



    最近の記事