らくスパ

2014年09月14日 04:50 <--クリックお願い!

昨日、横浜市内に先月オープンした温泉施設「らくスパ」に行って来た。
らくスパ鶴見


実は、ここに行ったのは先週末に続いて2度目。先週は友人と一緒に出掛けたためか、出来るだけ多くの種類の風呂や、フロア内の施設を見て回ることが出来なかった。

昨日、このらくスパのホームページにて、何種類かの温浴室(というか、室温50~60度台の低温サウナと云うべきか)があることを知り、その中にはプラネタリウムを見ながら、寝そべることが出来る部屋があることを知り、もう一度行こうと思った次第。

でも、先週は昼下がりの一番、混雑していそうな時間帯に出掛けたので、風呂は混雑していたし、レストランも同様だったので、もっと空いている時間帯が良いかも。そう思い、夕食の時間帯を狙って出掛けて来た。
その狙いは、お風呂については的中しゆったり入れたが、それ以外の施設は以外に混雑。結構、お風呂以外を目的に来ている人が多かったようだ。

先週は混雑で入れなかった、露天風呂フロアにあるTVを見ながら五右衛門風呂。先ずはそこでTVを見ながら入浴。その後は微弱な電気信号が流れる風呂などに入り、その後に夕食。
それを終えたら、先週は行かなかった3Fのフロアへ。ここでは世界200種類のビールが飲めたり、2万冊の漫画単行本が置かれていたり、寝転びながらTVが見れたり、個室や、ミーティングまで出来ちゃう会議室みたいな部屋もあったりと、とてもお風呂施設とは思えないような空間だった。

寝転びながらTVが見れる広い空間を囲むように、何種類もの温室があった。
昨日は、その温室の中の一つ。プラネタリウムが映し出す満天の星空が見渡せる部屋へ。入場時に渡された大きなバスタオルを引いて、そこに寝そべりながら星を見る。

宮城県石巻市に住んでいた子供の頃は、自宅の庭からもはっきり判っていた北斗七星やカシオペア、その中間にある北極星がはっきりと判った。その星空の映像には動きがあり、頻繁に流れる流れ星。ここまでは、昨年見た、東京スカイツリータウンのプラネタリウムで見たものと同じようなものだったが、この後、オーロラが出現。生まれて初めてオーロラを見ました!!・・・って、プラネリウムでだけど。

2万冊の漫画本がある部屋では、「ホテル」などが全巻揃っていたので、「めぞん一刻」がないかと探したけど、見つからず残念。
入場したのは19時頃だったが、自分もお風呂よりも、そんな空間にいた時間の方がはるかに長く、帰宅したのは夜11時近い時間だった。

さて、ツイッターにも書いたけど、今日の夕方から夜間に掛けては、ほぼ半年振り、久し振りの川崎、東扇島でのワッチ。来週行う、三浦半島最南端の城ヶ島でのワッチの前哨戦!?だが、昨日からの磁気嵐が発生で、果たして成果があがるものだろうか?。

TPDX局が引っ掛かったら、ツイッターでつぶやきます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1985-c0de9bb3
    この記事へのトラックバック



    最近の記事