久々の東扇島でDX

2014年09月15日 10:20 <--クリックお願い!

昨日、システムを変更したFLAGアンテナの実験を兼ねて、久し振りに川崎市の東扇島東公園へ出掛けて来た。
東扇島で蚊に刺された経験は無いが、テング熱が心配?だったので、途中、川崎駅前のドラッグストアで虫除けスプレーの大缶を購入。今度の土曜日に行う、三浦半島最南端の城ヶ島での日帰りDXペディに参加するメンバー分も余裕であるので、これで完璧?。

この東扇島では、5.4m長のポールを2本立てたFLAGアンテナでは、エムエムさんが実績を残している。今回使用したポールも、この時に使用されたものと同一。但し、アンテナエレメントは9m×3mと、エムエムさんがここで実績を残した時のほぼ、倍の長さがある。

新FLAGANT


短波帯は念のため、1.6MHz以下をカットするハイパスフィルターを使用してワッチしたので影響は無かったが、中波は全域にニッポン放送のスプリアスが発生していたので、アッテネータをONにしてワッチを行った。

前々日に磁気嵐が発生したので、北米中波局は余り期待はしていなかった。でも、17:40にはXバンドでほぼ10kHz間隔にTPDX局が並び、18時の正時を迎える頃には、下は980kHzのCKNWと思われる局から、上は1700kHzのXEPEまで、十数波でTPDX局の入感を確認した。

18時と19時の正時前後、中波帯全域の記録を録ったので期待出来る。
20時の正時を録る前、記録したデータを再生。すると、な、なんとアッテネーターのONが効いていませんでした。・・・なんでやー!!(涙)。

仕方が無く、20時の正時の記録を録るのを諦め、アンテナ撤収。帰宅の途に着きました。

という訳で、ログは受信レポート形式でID確認が出来たとこだけ。短波局が殆どですが。

1700 XEPE(メキシコ、英語) 9/14 1855-1905 SINPO25332
    ◎男性アナによるスポーツトーク、1900にスペイン語のIDも出た。

9580 R.Australia(英語) 9/14 *1659- SINPO45333
    ◎スポーツ中継。国内向け番組の中継のようだった。放送開始時にも関わらずISどころかIDも無し。いよいよ廃局に向けた
      カウントダウンが始まったのか。パラの9475kHz、9710kHzも同一番組だった。

9630 R.Aparecida(ブラジル、ポルトガル語) 9/14 1657-1705 SINPO34333
    ◎17時までは男性による説教。17:01にフルIDが出た後は、朝の情報番組となった。

9820 R.9 de Julho(ブラジル、ポルトガル語) 9/14 1657-1705 SINPO25222
    ◎男性アナによる説教プロ。1700にID。

9955 WRMI(USA、英語) 9/14 1657-1705 SINPO35333
    ◎男性アナによる説教番組、1659ID&住所アナ


今回使用したエレメントは、前回、犬吠崎で使用したものと同じものを使用した。そりゃ、犬吠崎と川崎では、地元中波局の信号強度の差は歴然。犬吠崎ではOKだったからと言って、川崎でもOKと言い切れる訳が無いですよね。

今日は、昨日のアンテナ実験の反省から、東京湾岸でのDX用アンテナエレメントを製作します。念のため、来週末の城ヶ島DXペディは、その2種類のアンテナエレメントを持って行くかも。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/1986-f1db8c4a
    この記事へのトラックバック



    最近の記事