犬吠崎DXペディション(観光編)

2014年11月03日 20:28 <--クリックお願い!

11月1~3日の3連休。そのうちの1、2日は、千葉県銚子市の犬吠崎にあるペンションで、横浜をメインの活動場所としているのに、何故かサークル名が「町田DXミーティング(MDXM)」のDXペディションが行われ、そのペディションの幹事として参加してきた。

その様子を、今回の「観光編」と、SDR受信機での記録解析完了後に「DX編」の2話に分けてお届けします。


初日は生憎の空模様。浜松町バスターミナルを11:50に出発した犬吠崎行き高速バスは、予定よりも10分程度遅れて犬吠崎に到着。DXペディ会場として利用するペンション・ヘルシーウィングには15時に到着した。

雨の中、アンテナの架設し、16時からワッチ開始。予定通りにTPDXをメインに行ったけど、その成果は、先日の日帰りDXペディ程では無かった。

2日目は前日とは打って変わって快晴の良い天気。荷物をペンションに預け、午前中は犬吠崎灯台へ。真っ先に、灯台へ登って景色を眺めてみた。

犬吠崎の風景(1)


この灯台に登るのは2009年9月以来、5年振りのこと。その時は、入場チケットを買うのに30分も並んだが、昨日は朝10時ちょうどと早めの時間だったせいなのか、それとも観光地としてすたれて来ているのか、まったく並ばずにチケットを購入。灯台にも直ぐに登れた。

2009年、この灯台前には食堂がずらーと並んでいた。ところが、昨日は営業していた店は2/3程。もう数年使われてなさそうな建物もあった。
挙げくは、この場所には不釣合いな老人向け集合住宅も、灯台の直ぐそばに出来ていた。

これでは、観光がすたれてしまう筈である。

灯台の天辺からは風景を撮影。それをしていて、DE1103を宿に預けた荷物の中に入れたままだったのを思い出す。
目の前には、灯台放送の送信アンテナがそびえ立ち、ここで受信したらどんな状態で聞えるのだろう。と、想像するのはBCLなら当たり前。うーん、残念な事をした。

犬吠崎の風景(2)

犬吠崎の風景(3)

犬吠崎の風景(4)


2009年に来た時は、各地の灯台放送のベリカードが展示されていたが、残念ながらその展示は無くなり、代わりに東日本大震災発生時の記録が展示されていた。

午後は、ペンションオーナーに車で送迎して頂き、銚子タワーへ。そこでは、DE1103でFM帯をチェック。CFM局を狙ってみた。FMかしま(76.7MHz)は当然のようにSINPO45444とFBに入感。水戸のFMぱるるん(76.2MHz)もSINPO35333で入感。しかし、ラヂオつくば(84.2MHz)は受信出来なかった。

その後、銚子タワーと隣接する銚子市場内の食堂で、海鮮丼を食す。ウニやカニの他、まぐろ、はまち、タイ、海草などがてんこ盛りの海鮮丼を食した。うーん、やっぱり旨い。

今は秋刀魚のシーズンなので、なんと秋刀魚15本入りケースが、たったの1200円。刺身で食べれる新鮮な物だった。でも、RXやアンテナ等の荷物も多く、それ以前に、15本も食べ切れない。という訳で、自分はなんのお土産も購入しなかったが、ペディ参加メンバーの中には、お土産を購入した人もいた。

ここから銚子駅前行きのバスに乗り、13:30に東京行き高速バスで帰路に付いた。


SDRの解析は再来週まで掛かるものと思います。DX編は、早ければ再来週の週末。遅くても次の3連休までにはUPの予定です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2006-e7e3fd90
    この記事へのトラックバック



    最近の記事