KDXC同窓会レポート

2014年11月24日 22:13 <--クリックお願い!

11月15日(土)に開催された、関東DXersサークル(KDXC)の同窓会。かつてはBCLの聖地とも言われていた?東京・秋葉原に総勢16名の人達が集まり、同窓会が行われました。

その様子は、今回の同窓会発案者で、会報CALL SIGNの2代目編集長である関山レイ氏が提供した一升瓶の日本酒「赤城山」争奪じゃんけんで勝利した、2名の方がレポートすることが決まり、記事を書いて頂きました。

では、2人の同窓会レポートをお届けします。

KDXC同窓会ミーティングレポート

KDXC同窓会が秋葉原の居酒屋で行われました。若手メンバーの呼びかけで、5年ほど前に1回やって、mixiにコミュニティも出来ましたが、やっぱり会わないと活性化しないよね。今回、BCL現役時代以来に会ったことがない人も何人もいて、最初は、誰だかすぐにわからない人もいたけど、外見は変わっても、声やしぐさなんかは変わらないんだよね。酒ぐせも。

一人ずつ近況報告(ミーティング用語!)するのを聞くと20年ほど前に戻った感じで、懐かしかったです。近況報告と、写真撮影、最後のじゃんけん(勝った人は関山君提供の日本酒1升瓶がもらえて、ミーティングレポートを書く)と一通り回しただけで、終わっちゃった感じですが、またやりましょう。今回出席できなかった人も、ぜひ次回ヨロシク。
(山田靖次)

KDXC同窓会2


KDXC同窓会参加後記

案内を頂戴したKDXC同窓会に参加するため、五年ぶりに秋葉原に到着。
時間があったので電気街口に出てみたところ、駅前の雰囲気は以前と全く変わってしまって、一瞬方向感覚を失ってしまい、ちょっとした浦島太郎状態。
ラジオデパートやロケットなどを覗いて、自分の知っている秋葉原を感じるも、外に出ると玉手箱を開けたような奇妙な感覚でありました。
時間になったので昭和通り口に向かい、ほどなく会場の店に。
ちょうど同時刻に到着されたNさん・Yさんと一緒に店内に入ると、二階では既に八割方のメンバーが揃って“待機状態”。
その瞬間に、かつて目黒で催されていたミーティングの二次会と全く同じ“あの感じ”が甦って来ました。
メンバーが揃って、各自の自己紹介を兼ねた近況報告と、参加されなかった方からのメッセージ紹介などがあって盛り上がりましたが、司会の西口さんの声が通らないほどのゴチャゴチャな感じが何とも言えぬ心地よいものを感じさせてくれるひと時でした。
参加された方の多くはネット上でも繋がりがありますが、やはり直接顔を合わせて話をするということに勝るものは無いと実感した次第です。
幸運にも(?)ジャンケンに勝って、群馬の地酒という予想外のお土産を頂戴しました(大きなカバンで良かった)。
未だお酒は開栓してないのですが、この週末にお燗して頂くつもりでいます。
帰りの電車の都合で、宴酣の八時半で皆さんにお別れしなければならず、名残惜しかったのですが、「来て良かった」と思える集まりでありました。
何やら次回の話もあるようですが、今回は参加されなかった方もこの雰囲気を味わってみることをオススメします。
(Futian)

KDXC同窓会
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2011-773a4023
    この記事へのトラックバック



    最近の記事