伊豆の紅葉(虹の郷編)

2014年11月29日 04:12 <--クリックお願い!

2014修善寺・虹の郷の紅葉(1)


先週の日曜日に出掛けて来た、伊豆・修善寺の「虹の郷」で撮影した紅葉の写真をUPします。

虹の郷は、通常の入場料は1,200円。紅葉の写真を撮るだけの目的を考えた場合、ちと高いと思わざるを得ない金額。そこで利用したのが、ここで開催中の紅葉まつり中のみ適用される割引チケット800円。
当初、修善寺駅前のバス案内所でバス乗車券とのペアチケットを買うつもりだったが、バスの発車時刻が目前に迫っていたため断念。無料会場のもみじ林で売っていた割引チケットを購入し、そこから徒歩10分程の虹の郷へ向かった。

入場した時間は14:20。以前なら、16時にクローズした後、17時に再オープンだったので、一旦、虹の郷を出なければならなかったが、今回は通しで入場したままでいることが出来た。

紅葉の進み具合はもみじ林よりも進んでいる。カエデも80%は紅葉しているように思えた。

入場してから先ずは1時間程、見頃を迎えているカエデの紅葉の写真を撮りまくった。

2014修善寺・虹の郷の紅葉(2)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(3)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(4)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(5)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(6)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(7)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(8)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(9)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(10)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(11)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(12)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(13)

2014修善寺・虹の郷の紅葉(16)


残念だったのは、紅葉のライトアップが無いエリアは16時で立ち入りが禁止されること。最初にライトアップもある虹の郷内の伊豆の村 日本庭園、菖蒲が池周辺、匠の村のエリアの紅葉写真撮影に夢中になり、それらの撮影が終了したのが15時50分。カナダ村のラクウショウの紅葉を撮りに行こうと思った瞬間に、「カナダ村はまもなく閉鎖するので退却して下さい」の場内アナウンスがあり、行くことが出来なかった。


紅葉以外に、晩秋なのに咲いていてビックリした花があった。それは「桜」である。春に咲くそれとは違って、ひっそりと数輪だけが咲いていた。

2014修善寺・虹の郷の紅葉(15)


今回はカメラ三脚を持って来なかった。そのため、写真撮影は、ライトアップの照明が点灯された16時過ぎまで。実は、通常営業時は、修善寺駅行きの最終バスが16:15。今は紅葉まつりのため臨時運行しているが、それが開始される時間までには結構な空き時間がある。

という訳で、最後は、「紅葉と菊と和傘のライトアップ」という、ちょっと変わった組み合わせの写真撮影で締めくくった。

2014修善寺・虹の郷の紅葉(14)



今週末はBCLミーティングのある週末。まだ、今月初めのDXペディで記録したデータの解析が残っているので、今日はこれに専念。明日のミーティングに備える。
来週末だと、紅葉が終わっている気もするので、今年の紅葉はこれが最後かも。

多分、来週末以降は写真題材をイルミネーションに移して、写真を撮りに行くことになると思う。
外せないのは、やっぱり、今年は500万球!のさがみ湖プレジャーフォレストと、350万球のよみうりランドかな。



スポンサーサイト


コメント

  1. Futian | URL | j6qhiXM6

    今が一番良い季節ですね

    虹の郷は修善寺でもかなり山の上にあるので、気温が低く、モミジも一層赤くなる…という話を聞いたことがあります(ホントかどうか分かりませんが)。
    ちなみにウチのモミジは真っ黄色ですv-34
    平成2年(1990年)の開園の前に、ここと、湯ケ島のスポルツバルトの園内に、修善寺・中伊豆・天城湯ヶ島の小中学生が動員されて、かなりの数のモミジの苗木を植えているので、写っているモミジの多くはその時に植えられたモミジが大きくなったものかなと思います。

  2. 西口 | URL | FSYT/83M

    Re:今が一番良い季節ですね

    いつもメッセージを有難うございます。

    僅か数十メートルの標高差なのに、もみじ林よりも紅葉はずっと進んでいました。しかし、もっと標高の高い葛城山のモミジが一番、紅葉の度合いが遅れていたので、標高だけじゃない、それ以外の要素もありそうです。

    多分、今週末が一番のピークでしょうね。
    自分が初めて、ここの紅葉を見た2005年の時も、見事なカエデが沢山あった記憶がありますが、1990年の前に苗木の状態だったとすると、僅か十数年で、見事に成長したということでしょうか。
    Futianさんのメッセージが読んで、改めて2005年に撮影した写真と今回を比較してみると、木々の高さが明らかに成長しているのが判りました。

    しかも、今回の虹の里のカエデの色の付き具合は、京都の紅葉を思い起こさせるレベルで、質的にも高いもので、もみじ林よりも手入れもきちんとされていると感じるものでしたョ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2014-20451385
この記事へのトラックバック



最近の記事