東海CFM受信&イルミ撮影の旅(イルミ編・その2)

2014年12月30日 20:02 <--クリックお願い!

12月28日・29日に出掛けて来た、コミュニティ放送受信とイルミネーション写真撮影を目的とした旅。

イルミ編・その1では、なばなの里最大のイルミネーションであるナイアガラの滝の写真と動画をUP。その2では、それ以外の写真をUPします。

なばなの里イルミネーションには、代表的なイルミは2つある。その一つが、その1でUPした「ナイアガラの滝」。もう一つは、200mにも及ぶ光のトンネル「華回廊」。トンネルは黄色一色と、さがみ湖プレジジャーフォレストで見られるような虹色のようなものはありませんでしたが、その明るさはハンパじゃない。
1/100秒のシャッタースピードでも光不足を感じることはありませんでした。

延々と200mも続く光のトンネルは、関東のイルミでは有りえませんもんね。

なばなの里ウィンターイルミネーション・華回廊(1)

なばなの里ウィンターイルミネーション・華回廊(2)

なばなの里ウィンターイルミネーション・華回廊(3)

なばなの里ウィンターイルミネーション・華回廊(5)


ナイアガラの滝へは、この「華回廊」と通って行きますが、帰りはもう一つの光のトンネル「お花畑」を通ります。全長は「華回廊」の半分の100m。花というよりは、緑一色のトンネルだったので、新緑回廊と言うべきかと思ってしまうトンネルでした。

なばなの里ウィンターイルミネーション・「お花畑」の光のトンネル(1)

なばなの里ウィンターイルミネーション・「お花畑」の光のトンネル(2)


「お花畑」の光のトンネルを過ぎると、池の前に出ます。そこでは、水上イルミネーションが見られましたが、光は曲線を描くようになっており、川の流れを表現しているとか。

首都圏の水のイルミネーションと云えば、よみうりランドの噴水に光をあてるイルミネーションがありますが、ここでは噴水はありませんでした。

なばなの里ウィンターイルミネーション・池のイルミネーション(1)

なばなの里ウィンターイルミネーション・池のイルミネーション(2)

なばなの里ウィンターイルミネーション・池のイルミネーション(3)

なばなの里ウィンターイルミネーション・池のイルミネーション(4)


他には、どこにでもあるツリーイルミネーションや、さがみ湖プレジジャーフォレストや東京ドイツ村で見たことがある、イルミネーション内に細い通路を設け、その中を歩いて見物するエリアなどがありました。

最後は、その残りエリアの写真をUPして、東海CFM受信&イルミ撮影の旅(イルミ編)を終わりとします。

なばなの里ウィンターイルミネーション・その他のイルミネーション(1)

なばなの里ウィンターイルミネーション・ナイアガラの滝エリアのイルミネーション

なばなの里ウィンターイルミネーション・入口の木のイルミネーション


明日は、朝8時過ぎに千葉県銚子市犬吠崎へと向かいます。
君ヶ浜潮騒公園で、昼過ぎのおおよそ14時頃からワッチ。18時までの予定でDXを行い、19時にペンションにチェックイン。今回は宿でのDXは行わず、紅白見ながら年越しそば食ってます。
朝は犬吠崎で初日の出。帰りは成田に寄って、成田山新勝寺で初詣。さらには、先日開局したCFM局、ラジオ成田を受信・録音して帰ります。

なので、残りの東海CFM受信&イルミ撮影の旅・受信編は年が明けた後日。年内のブログ記事はこれが最後です。
次のブログ記事UPは新年になりますので、やっぱり初日の出の写真からスタートしようと思います。


太平洋上から上がる初日の出を拝むのは、1990年代の、三陸の岩手県宮古市の国民休暇村屋上で見た以来。頼むから、元旦の朝は、東の海上にまったく雲が無い晴天になって来れ~!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2031-b5bb7718
    この記事へのトラックバック



    最近の記事