大晦日 千葉県銚子市君ヶ浜でのDXにて

2015年01月04日 20:28 <--クリックお願い!

まだ解析は3割程度しか終わっていませんが、大晦日に行った、千葉県銚子市君ヶ浜でのDX成果の概要を報告します。
ワッチは14時半にスタート。太陽活動の低迷期なら、北米中波局がf/inし始めても不思議では無い時間帯。実際、過去に岩手県宮古市でのDXペディでは、14時ジャストからTPDX局をいくつも受信した経験があります。
しかし、太陽活動ピークの今の時期は別。日の入りの1時間前位にならないと聞えません。これは岩手県宮古市でのお話。多分、犬吠崎でも同様に、聞こえ出すのは日没1時間前と思っていましたが、実際にf/inし始めたのは15:50頃。日没のおおよそ45分前でした。

秋なら、真っ先に1700kHzのXEPEが聞えましたが、この日はさっぱり。16時は、米本土局の入感は1050kHzのKTCTが目立った程度。でも、肝心の正時のIDが出る時間帯に信号が弱まり、ID確認出来そうな状態で入感していた局は皆無の状態でした。

流石に17時になると、680kHzのKNBR、780kHzのKKOH等の米本土局もIDが取れる状態で入感。しかし、秋の受信ではFBだった、1000kHz台以上の米本土のDX局の入感は無し。聞こえているのはハワイばかりでした。

18時になっても状況は余り変わらず。いくつか米本土局の信号は届いていましたが、正時のIDが出るタイミングで音になってくれる局は皆無の状態です。

その代わりに「おっ!」と思ったのが、フィリピン中波局の入感。特に900kHzと990kHzは、同波の日本国内局や中国局を上回る信号レベルで届いていました。ところが、大晦日の特番でも放送しているのか?、18時ジャスト前後の5分間には、IDは出ていませんでした。

多分、19時まで粘れば、何処かの局のIDが取れたかも。

EXバンドもオーストラリア局が1656kHz、1701kHz等で引っ掛かっていましたが、IDが確認出来る状態にはなりませんでした。

そんな中でも、秋のDXペディではID確認出来なかった局なのに、正時のIDを確認出来たハワイの局がありました。
ホノルルにあるKHVH(830kHz)です。

その局の17時の正時ID部分をUPします。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2036-232dff33
    この記事へのトラックバック



    最近の記事