さがみ湖イルミリオン2014-15(その他のイルミ編)

2015年01月12日 08:49 <--クリックお願い!

一昨日の土曜日に、松本からの帰り道に見に出掛けた、さがみ湖リゾートプレジャーフォレストのイルミネーション「さがみ湖イルミリオン2014-15」。

第2話では、最初にお届けした「光と宮殿の大庭園」以外の写真をUPします。
さがみ湖イルミリオン2014-15(1)


ここのイルミネーションは、正面入り口を入ると、先ず大きなツリーが目線に入る筈・・・
と思っていたのだが、入場ゲートが正面のお土産物店のある建物ではなく、その脇からに変更されていた。そのため、入って直ぐには、大きなツリーが目の前に展開される景色にはなっていなかった。

その、以前なら入場ゲート前にあったツリー。今年は昨年よりもカラフルになっていた。

さがみ湖イルミリオン2014-15(2)


腹が減っては戦は出来ぬ・・・じゃなくて、腹が減っては良いアングル構成が思い浮かばず? である。昼飯は駅の立ちそばのみなので、小腹が空いて来た。ツリーの撮影の後、「Wild Dining」という大きなフードコートスタイルのレストランで食事をした。前回までは大混雑で食事を諦めた場所である。
イルミネーションを訪れる客は、年末年始休暇を過ぎると大幅に減る傾向がある。そのため、それまでは運行されていた週末臨時バスも、もう運行はされていない。そのためか、レストランも空席があちこちにあり、余裕で食事を取ることが出来た。
前回までは、年を越す前の週末に来ていたため、空席がまったくなく食事を諦めていた場所である。

食事を終えた後、、坂を上りながら写真を撮る。この辺りは光の花畑というエリアで、赤いLEDが敷き詰められたエリアである。

さがみ湖イルミリオン2014-15(3)

さがみ湖イルミリオン2014-15(4)

さがみ湖イルミリオン2014-15(5)


坂を上り詰めた場所に、昨年までなら大きな宮殿があり、音と共に光が点滅するエリアがあった。しかし、今年はそれが会場の最東端に移動。もともとのエリアには光のカーテンが覆われていた。

さがみ湖イルミリオン2014-15(6)

さがみ湖イルミリオン2014-15(7)


そこを過ぎると、光のトンネルエリアに入るのも例年通り。今年は、その中央辺りに光の色が虹色に展開されている場所があり、その手前は赤、その先は青のLEDで覆われたトンネルが展開されていた。

さがみ湖イルミリオン2014-15(9)

さがみ湖イルミリオン2014-15(8)


そのトンネルを過ぎると、今度は水の世界をLEDで表現した、そのままずばりの名前「光の海」エリアに出る。青いLEDで全面が覆われ、イルカや鯨、イソギンチャクや熱帯魚がLEDで表現されていた。

さがみ湖イルミリオン2014-15(10)

さがみ湖イルミリオン2014-15(11)

さがみ湖イルミリオン2014-15(12)


そのエリアの写真撮影を終えた後、入場料とは別料金のリフト(往復400円)に乗り、光のゲートと呼ばれるエリアに行った。ここには大観覧車があり、これに乗れば広いイルミネーションの全景が見れる筈だが、何故か、この乗り物は夜間営業が行われていなかった。
ここでは、ゲートのイルミネーションとツリーのイルミネーションの写真を撮った。

さがみ湖イルミリオン2014-15(13)


この後、リフトを下って、第一話でUPした「光と宮殿の大庭園」の写真撮影。
その光と「光と宮殿の大庭園」に行く道の途中には、またしても光のトンネルがあった。

さがみ湖イルミリオン2014-15(15)


全てのイルミネーション写真撮影を終えたのが、20時ちょうどのことだった。
帰りはバスで帰りたい。でも、バスの時間は20:05と目前。バス停までダッシュしないと間に合いそうに無い。
この便は諦めて、一時間後のバスに乗ることに決め、売店でコーヒーを買って休憩。この頃には団体客は帰ってしまい、新宿や横浜へ行く直通バスの時間も過ぎたため、園内の人もまばら。

そこで、どうしても多くの人が入ってしまいそうなトンネルに再度向かい、写真の取り直し。それを終えて、バスの混雑も予想して定刻の15分前にバス停に到着。帰路に付いた。


残るイルミネーション写真撮影場所はよみうりランドだが、冬から春に掛けてのシーズンは、一年で最も短波のLADXがFBとなるシーズンである。それに、2月1日(日)にあるBCLミーティングで出すネタが欲しい。

短波狙いなので、受信する場所は東京湾沿いで十分である。
という訳で、来週土曜日が晴れなら、東扇島東公園でワッチしようかと思っている。
スポンサーサイト


コメント

  1. Futian | URL | j6qhiXM6

    美しい

    時節柄、青色LEDがメインの配色になるのでしょうか。
    綺麗ですが、寒さが倍増するような感じもしますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2039-30cfd415
この記事へのトラックバック



最近の記事