桜写真撮影日帰り旅(小田原の桜)

2015年03月29日 00:22 <--クリックお願い!

今週末は、いよいよ東京の染井吉野が見頃を迎えようとしている。
毎年、この時期はBCLを忘れ、桜の写真撮影に没頭するが、今年もまた、今週末と来週末はそんな週末になる。

今日は午前中に小田原に行き、長興山の枝垂桜と、小田原城址公園の染井吉野。午後は靖国神社、千鳥ヶ淵、目黒川の3ヶ所の桜写真撮影を行った。

今夜は、先ず小田原の桜の写真をUPしよう。
■長興山紹太寺の枝垂れ桜

今朝は朝8時に出発。通常なら東海道線で一本だが、海老名まで相鉄線で行き、そこで小田急に乗り換えた方が、実は電車賃が安く済む。そう考え、そのコースで小田原へと向かった。
ところが、東京へ帰ってくるさいは、小田原からロマンスカーに乗って来たので、特急料金890円が掛かっている。交通費を節約した意味無いなぁ。

10時頃に最初の目的地の最寄り駅、箱根登山鉄道の入生田駅に到着。そこから約20分程歩いて、目的地の長興山紹太寺の枝垂桜前に到着。途中、かなりキツイ坂道を登ったので、結構堪えた。

その枝垂桜は、なんと天然記念物に指定されており、推定樹齢は、300余年という。よく桜の寿命は60年という話を聞くのだが、それを考えると、凄い桜なんですね。

長興山紹太寺の枝垂れ桜1

長興山紹太寺の枝垂れ桜2

長興山紹太寺の枝垂れ桜3


また、この枝垂れ桜がある場所へ向かう途中にも、見事な枝垂れ桜が1本、植えられている場所があった。

長興山紹太寺の枝垂れ桜4


紹太寺は、江戸時代初期に建立されたお寺で、大奥の春日の局の墓がある。枝垂桜は、そのお寺の境内から離れ、山道を十数分登った所にある。
また、このお寺の境内には染井吉野が咲いており、その花はぼぼ満開と言える状態だった。

長興山紹太寺の枝垂れ桜5

長興山紹太寺の枝垂れ桜6


■小田原城址公園の桜

小田原城の桜を見に来たのは、2007年以来8年振り。その時は、FMおだわらの受信も兼ねていた。そのFMおだわらは、返信所要日数に779日。しかもベリカードは発行していないという内容の返信だった。(ちなみに、返信所要日数の自己最長記録は、FM熱海湯河原の1289日)。
そんなことを思い出しながら、桜の写真を撮った。

2015小田原城の桜1

2015小田原城の桜2

2015小田原城の桜3

2015小田原城の桜4

2015小田原城の桜5

2015小田原城の桜6


当初は、お城の天守閣に登るつもりだった。
ところが、城内の桜は満開には程遠く、中にはまだ蕾の状態でまったく花が咲いていない木もある状態。これでは、桜の絨毯を撮りたいという希望は叶えられる訳もなく、予定よりも30分間程早めて終了。

小田原駅に戻り、ロマンスカー「はこね号」に乗り新宿へ。そこから都営新宿線に乗り、靖国神社の最寄駅の九段下へと向かった。

.…桜写真撮影日帰り旅(靖国神社、千鳥が淵の桜)へ続く
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2067-220f3ed5
    この記事へのトラックバック



    最近の記事