桜写真撮影日帰り旅(目黒川の桜)

2015年03月30日 22:29 <--クリックお願い!

今日は、朝は鶴見で人身事故、帰りは大森~蒲田間で人身事故と、京浜東北線はダブルパンチ。通勤だけでかなりの体力を消耗してしまった。一日で行きと帰りの通勤でダブルパンチを食らったこと、殆ど記憶に無い。マジで腹が立つ。

さて、本題。

一昨日の土曜日は、千鳥ヶ淵の桜開花状況がもう一つだったので、もっと花開いた状態であることを期待して、目黒川へと向かいました。
その時に撮影した写真をUPします。
16時過ぎ、千鳥ヶ淵の桜写真撮影を終え、半蔵門線・新玉川線で池尻大橋へ。そこから目黒川へは目と鼻の先、僅か150mの距離である。到着したのは16時半を過ぎた辺り。日没までは1時間と少々しかないが、桜のライトアップもあるので、太陽の日を浴びた桜と、提灯の灯りに照らされた桜の2面を撮ることが出来る。
到着したのは、まさにそんな時間帯だった。

さて、肝心の開花状況だが、千鳥ヶ淵の桜よりも開花が進み、7~8部咲き程度。靖国神社の桜と同じ程度の開花状況だった。
池尻大橋から、目黒川が山手通りと交差する辺りまでは人出はさほどではなく、桜の写真撮影もスムーズだった。ところが、そこから300m程度、中目黒寄りに歩いた辺りからは、もの凄い人出。川を挟んだ両岸の道には出店があちこちに出ていたことが、さらに混雑に拍車を掛ける。

以前はなかったことだが、何故か桜見物をしながら歩く人の中で、やたらとワインやシャンパンが入れられたワイングラス(多分、プラステック製)を持っている人が多かった。
その理由は、中目黒駅近くのいくつかの屋台で、その形態によるワインやシャンパンの販売。そこでは、凄い行列も出来ている。こんな形態で、屋台でワインやシャンパンを売る姿は初めて見た。

では、撮影した桜の写真の数々をUPします。
先ずは、日没時刻辺り、提灯に灯りが灯された後に撮影した写真です。

2015目黒川の桜(1)

2015目黒川の桜(2)

2015目黒川の桜(3)

2015目黒川の桜(4)


まだ日が暮れる前、桜の全容が見える時間帯。いつものことながら、ここの桜のボリューム感はハンパじゃ無く感じます。特に、中目黒駅周辺の桜のボリュームは凄い。これが見たくて、ここには、過去に4~5回以上は来ています。

2015目黒川の桜(5)

2015目黒川の桜(6)

2015目黒川の桜(7)

2015目黒川の桜(8)

2015目黒川の桜(9)

2015目黒川の桜(10)



横浜にも河川の両岸に大量の桜が咲く、大岡川があります。でも、目黒川のそれには大きく見劣りするけれど。
日曜日は、昼頃までこの川の両岸に咲く桜の写真を撮っていました。

その写真は、今週中にUPするつもりです。

...桜写真撮影日帰り旅 終わり
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2069-4a8b1d24
    この記事へのトラックバック



    最近の記事