日帰り城ヶ島DXペディ

2015年04月12日 20:38 <--クリックお願い!

昨日は、南太平洋の中波局狙いで、三浦半島最南端の城ヶ島でDXを行って来た。

さて、その成果は・・・

昨年9月、初めてこの地でFLAGアンテナを使用した中波DXを実施。その時はフィリピン局の強さに驚愕した。
その後、昨年は計2回、今年も今回で2回目と、僅か半年程の間に、4回も日帰りDXペディを行っている。

シーズン的には、そろそろ北米中波DXシーズンは終りの時期を迎えつつあるため、ターゲットは南方から来る電波に絞り、FLAGアンテナの向きは南向き。
ワッチ自体は17時直前から開始したが、この時間は中波DXにはまだ時間が早いため、31mbのブラジル局を受信。でも、その状態は芳しくなく、先月、川崎・東扇島でワッチした時よりも悪く感じた。

ここに限らず、東扇島や千葉・犬吠崎でも、FLAGアンテナでワッチしていると声を掛けてくる人がいる。その殆どはアマチュア無線家なのだが、過去には、船舶の業業無線局に勤めているという方が声を掛けて来たこともある。
昨日も声を掛けられたのだが、その方もアマチュア無線家ではあるが、BCLブーム時代から1980年代に掛けてはBCLをしていたという方で、SONYのスカイセンサーを使っていた方だった。

「受信機は何を使って聞いているのですか?」
「パソコンです。」
「???」

冒頭、こんなやり取りがあった。
現代のSDR受信機の存在をまったく知らない方だったので、正確にはこの小さい箱みたいな装置をUSBでパソコンに接続し、パソコンの画面で操作して聞いていることを説明。その画面と、パソコンから流れて来る音を聞かせてみると、その方はビックリ。受信機の進歩に驚いていた。

会話の中で、その方がサイパンのKYOIを受信していた経験があるらしく、「今でもその局はあるのですか?」と訪ねて来た。当然ながら、もう、その局は二十数年前に無くなりました。と話したと同時に、ついつい、自分がそのKYOIを日本で一番初めに受信し、感謝状を貰った経験があることを話してしまった。

「えー、では、BCLの世界では大変有名な方なんですね。」

なんて言われてしまったけど、本人にはまったくその自覚が無い。

こんなやりとりを30分以上続けてしまった。


さて、肝心な昨日の成果である。

日没が過ぎる直前、18時から20時までの3度の正時は中波を丸取り。今日はその解析をしたが、結果はこれまでの城ヶ島DXペディ史上、最悪の結果となってしまった。
ターゲットにしていた南太平洋の局は、グァムしか聞こえない。また、これまでは、日没1時間を過ぎた頃から、あちこちでフィリピン局が聞こえ、846kHzのDZRVなど、同波の日本国内局を潰しそうな勢いで聞こえた局もいくつかあったが、それが無いばかりか、まったくフィリピン語の放送が聞こえていない。

がっくり・・・である。

仕方が無く、最後はEXバンド(1611~1701kHz)のオーストラリア局に狙いを定めて記録をチェック。ところが、ID確認出来た局は1656kHzの2MMのみという寂しさだった。

今から十数年前、この城ヶ島からもほど近い三浦海岸の隣、津久井浜に住んでいた頃、確かに20時という時間は早すぎ。EXバンドのオーストラリアにしろ、中波の東南アジア局が浮いて来たのは21時台。その時には、22時頃にNHKを潰してインドネシアのRRIを受信した経験もある。
それを考えると、日帰りペディでオセアニアやフィリピンの中波局を狙うには無理があるのかなぁ。

秋になれば、北米中波がメインターゲットになるため、状況は変わってくるだろう。
しばらくは、日帰りでの中波DXはお休みするしかないのかも。

では、成果はさっぱりでしたが、昨日受信した局リストをUPします。
なお、受信リストは中波及びEXバンド局のみをUPします。

周波数
kHz
局名 国名 受信日  時間
JST
受信状態
SINPO
言語 内容
567 KGUM GUM 4/11 1757 43333~42332 EG CM、インフォメーション、1759ID"Newstalk K-57 KGUM, Agana Guam."、スポーツニュース
630 KUAM GUM 4/11 1857 43333 EG オルディーズポップス、ID"KUAM AM Agana Guam・・・Guam State Isla-63."、CM、カントリー音楽演奏
801 KTWG GUM 4/11 1757 32332 EG ポップス音楽演奏、男女トーク、1800ID"KTWG・・・Radio Guam."、インフォメーション
1593 台湾区漁業広播電台 TWN 4/11 1957 32332 TW 男女アナのトーク、ブリッジ音楽、時報、2000ID、ニュース
1638 (2ME) AUS 4/11 1957 25222 -- トークは無く、ノンストップのアラビア風のポップス音楽演奏
1656 2MM AUS 4/11 1957 35333 AUS ギリシャポップス演奏、2003ID"2 double M"
1674 不明局 XXX 4/11 1957 25222 -- ノンストップの英語ポップス演奏。Asianwaves.netのリスト では、メルボルンのSurf FM、フィリピン・マニラのDZBF-AMがリストされている。
1683 (R.Culb) AUS 4/11 1957 25222 GK 男性トーク
1701 (R.Brisvaani) AUS 4/11 1957 25222 HI インド音楽演奏
●国名の略語は次の通り GUM:グァム AUS:オーストラリア TWN:台湾 XXX:不明
●言語の略語は次の通り EG:英語 TW:台湾(ビン南)語 GK:ギリシャ語 HI:ヒンディ語

※局名を()で括ったものは推定。

20150411城ヶ島でDX

来週は東扇島でDX。今度は短波でLADXをメインにワッチするつもりだ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2076-820aef90
    この記事へのトラックバック



    最近の記事