ヨコハマ大道芸(前半)

2015年04月19日 22:05 <--クリックお願い!

昨日と今日の2日間、桜木町駅前とみなとみらい、イセザキモール、吉田町通り、石川商店街と、広範囲のエリアで大道芸のイベントが開催。
このイベントで写真撮影をするのは、今回で3度目だが、桜木町駅前&みなとみらい会場以外では見たことが無い。

でも、今年はサンバが吉田町通りで行われることもあり、そことイセザキモール。最後にみなとみらいと、計3会場で大道芸のパフォーマンスを見て来た。

前半では、吉田町通りとイセザキモールで行われたパフォーマンスを見ていこう。
■エスコーラ・チ・サンバ・サウーチ
 今年で10回目を数えるヨコハマ大道芸だが、知名度は歴史もある、元祖・野毛大道芸の足元にも及ばないのか?、それともにわか雨も降った天候のせいだろうか、訪れる見物客の数は、野毛大道芸の比較にもならない。
 そのせいか、屋内会場のランドマークプラザやクインズスクエアを除くと、何処も見物客は多くなく、演技開始後でも、余裕で着席して見れるスペースがあった。

 ところが、その唯一例外だったのが、吉田町通りで行われたサンバである。浅草サンバで二年連続優勝の経験を持つサンバチームのダンスは、やっぱりカメラを担いだおっさんや兄ちゃんが大量にいた。

 自分が到着した時間は正午に近付く頃。第一幕は終了の直前で、ほんの数分しか見ることが出来なかった。

 ところが、その15分後には再び、サンバのダンスが繰り広げられるスケジュールが組まれていたため、そこで待機し、12:15から始まったサンバダンスの模様をカメラに収めた。

ヨコハマ大道芸2015(1)

ヨコハマ大道芸2015(2)

ヨコハマ大道芸2015(3)

ヨコハマ大道芸2015(4)

ヨコハマ大道芸2015(5)


このヨコハマ大道芸に出演する芸人やダンサーの多くは、来週末の野毛大道芸にも参加する。ところが、このサンバチームは野毛大道芸には参加しないので、写真撮影を欠かす訳にはいかない?のだ。

■チクリーノ
イセザキモールは、最もパフォーマンス会場が多い7会場が設けられている。しかし、人出はみなとみらい程ではないので、どの会場もパフォーマンス開始時になっても、着席出来るスペースが結構ある。野毛大道芸の場合は、こんなことは、大雨でも無い限りはありえない。

たまたま行った会場で、ちょうどパフォーマンスが始まるタイミングだったので、ここでの芸は最初から最後まで見てみた。

体の動作や、道具を駆使して笑いを誘う芸だが、時折見せる手品や、レストランに見立てたテーブルに食べ物や飲み物を置き、テーブルクロスを引っ張って外しながらも、そのテーブルに乗っかっている食べ物や飲み物はひっくり返らない。
そんな芸も最後に見せてくれた。

ヨコハマ大道芸2015(7)


■サクノキ
イセザキモール内の、カトレアプラザ伊勢佐木の屋上広場で行われたパフォーマンス。ここも空きスペースが目立つ。
このイベントで芸を見せてくれたパフォーマーはギャラを貰える訳じゃなく、見に来たお客さんの投げ銭が収入源なのだから、主催者や会場となる商店街は、もっと人を集める工夫が必要なのでは。と思ってしまう。

サクノキの芸は、チクリーノと同様に言葉を話す訳でもなく、フランスのシャンソンをBGMにダンスパフォーマンス。だだのダンスではなく、どじだなぁと思わせ笑いを誘ったり、見に来た小さな子供に協力して貰って見せるパフォーマンスもあった。

ヨコハマ大道芸2015(8)


後半の記事は、桜木町及びみなとみらいで見た芸の様子や写真を、明日以降にお届けします。


...ヨコハマ大道芸(後半)に続く
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2079-2d93ab07
    この記事へのトラックバック



    最近の記事