初めて行った湯河原花火大会

2015年07月20日 07:36 <--クリックお願い!

昨日は、自身は初めてとなる湯河原花火大会の写真撮影に出掛けて来た。

山下公園前海上の花火を撮るつもりだったものが、Webの神奈川花火大会案内のHPで、偶然に知った湯河原の花火大会の開催。

しかも、打上げ本数が2倍の6,000発でありながら、時間は同じ30分。花火大会の密度を考えると、どちらが見応えがあるかは一目瞭然だった。

そこで急遽、予定を変更しての湯河原花火大会の写真&動画撮影。カメラを2台持参しての花火撮影となった。

打上げ開始は20時と遅い。熱海や伊東もそうだが、何故か温泉地の花火大会は、都内などの花火よりもスタートの時間が遅い。
温泉宿に宿泊したお客さんが、夕食を食べ終えた後に、花火見物が出来るような配慮なのだろう。

でも、熱海や伊東とは違って、海沿いから温泉宿街までの距離はかなり離れている湯河原温泉の場合は、どうなのだろう。しかも、温泉宿街は山に囲まれているので、花火の音は聞こえても見ることは出来ない筈。そう考えると、その配慮は無駄のような気がする。

昨日見た場所は、湯河原海水浴浴場の西端の川を越えた、岩場の海岸線。そこに打上げ開始一時間前に到着。すると、まもなく小雨が振り出し、悪夢の再現か・・・。

そんな不安に襲われた。

悪夢の再現とは、初めて熱海温泉の花火撮影に出掛けた日のこと。雨は、ほぼ花火打上げ開始時刻から振り出し、5分もたたないうちに土砂降りの状態。写真撮影を途中で諦めたことがある。

ところが、昨日は一昨日の足立の花火と同様、打上げ開始時刻ちょうどには雨も上がり、花火写真撮影自体には、なんら支障はなかった。

思った通り、花火見物に来ている人々の人数は少ない。カメラを設置する場所に困るようなことはまったく無かった。

でも、想定外だったのは、昨日の夕食にと決めていた海沿いの回転寿司。本日は閉店時刻を繰り上げると言われたのが、18時40分。どうやら19時閉店に繰り上げたらしい。こんな日こそ、客が多く訪れる筈なのに、ねぇ。

もしかして、その店の従業員総出で花火見物へと決め込んでいた?。

ファミレスも2件あったが、凄い混雑。結局は、またしても夕食はコンビニめしである。


花火は時々、尺玉も交える見ごたえがあるプログラム。しかし、期待していた水中花火は名ばかりで、実態は打上げ後の開花の高さを、花火の直径程度に抑えるだけのもの。

かつて自分が三浦海岸や横須賀で見た、水上に連発を打ち込み、水の上で開花したり、モーターボートに乗った花火師が、着火した花火を海に投げ入れるような花火を期待していたが、それは無く残念だった。

では、昨日撮影した写真と動画を公開します。


201507湯河原花火大会(1)

201507湯河原花火大会(2)

201507湯河原花火大会(3)

201507湯河原花火大会(4)

201507湯河原花火大会(5)

201507湯河原花火大会(6)

201507湯河原花火大会(7)

201507湯河原花火大会(8)

201507湯河原花火大会(9)

201507湯河原花火大会(10)



こちらは、ラストの3分間をHD画質で撮影した動画です。




来週は隅田川や立川で花火大会があるが、日曜日にある法事の準備をしなければならないのでNG。
日曜日の小山花火大会も、法事が終わってから向かったのでは遅過ぎなので断念。
ブログ的には、写真テーマとして載せるイベントが無い週末になる。

BCL的には、まだ一昨日発生したEスポの解析が終わっていないし、もしかして、今日も強いEスポが発生するかも。
来週末は、それらの解析を終えてログをUPしたりする週末になるかな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2115-fcc137a1
    この記事へのトラックバック



    最近の記事