シルバーウィーク 延長で沖縄DXペディ

2015年09月23日 20:07 <--クリックお願い!

今日でシルバーウィークは終わり。しかし、自分は明日、明後日に休みを取っているのでまだ続く。
明日からはこの連休最大級のイベント、沖縄DXペディションである。

それに臨むにあたっての意気込み!?を書いてみよう。

これまでに、千葉県銚子市の犬吠崎で2泊。三浦半島南端の城ヶ島で日帰りのDXペディションを行った。
残念ながら、どちらのペディションもコンディションが悪く、思った程の成果を上げることは出来なかった。

運悪く、Mクラスの太陽フレアが続けて発生してしまい、それが電波伝搬に悪影響を与えてしまった。

犬吠崎での受信にも関わらず、1700kHzのESPNが受信出来ないという、9月のこの時期では考えられないような状況も発生し、DX成果の方はさっぱり。まだ記録の解析は着手していないので、もしかして、実は面白い局が引っ掛かっているかも。その僅かな期待を持って解析するか?。・・・まだまだペディは続くので、どうしようかと、悩み中である。


そして、いよいよ明日からの2泊で、この連休の最大イベントの沖縄DXペディションである。

沖縄は7年振り。その時はICF-SW1000Tと小型ループアンテナ2基持参。でも、聞こえて来たのは台湾ばかりナリ。見事な玉砕だった。

その時は、バルコニーが西向けの低層階だったので、今回は南向けバルコニーがある部屋にこだわった。結局、9階建てホテルの8F。高層階で南側を向いている部屋である。しかも、ビーチが目の前。部屋からの眺めも、前回とは比べ物にならない。晴天ならば、海に沈む夕日も部屋からでもバッチリと見ることが出来る。

前回は那覇市内。今回は豊見城市のアウトレットが直ぐ近くにある9F建てホテルの8F。
海もすぐそばの「ホテルグランビュー沖縄」のシーサイドビューの部屋である。

今回は、ここの広めのバルコニーにALA-1530S+ポータブルを使用。アンテナフレームに松下電器の電子ループアンテナRD-9170を使用したアンテナで、SDR受信機FDM-S2を使用してのワッチである。

今回は、昨年のTDXCの機関紙に掲載された、沖縄DXペディションのフィリピン局の受信時間に注目している。
前回の沖縄訪問時に、自分が受信を試みた時間帯と違っており、沖縄本島の日の入り時刻と、早朝の5時台に集中している。

自分が受信を試みたのは20~21時台のみだったので、前回の失敗は、この差が影響していたかも知れない。

そこで、日没前後と、フィリピン各局の放送開始が集中する5時~6時台のDXに集中するつもり。

日中はCFM局受信に集中。前回の訪問以降、沖縄本島にはかなりの局のCFM局が開局。また、10月1日開局のCFM局や、局名変更を行った局も含めると、なんとターゲットとなるCFM局は10局にも及ぶ。

でも、CFM局受信は宿泊するホテルか目の前のビーチ。それと首里城公園でのみを予定しているので、本部町のFMもとぶ、名護市のFMやんばるは、受信不可能だと思っているので、結局、ターゲットとなるのは8局になると思う。


今日からはブログ記事UPを再開。明日は、ホテルの部屋から見たビーチの風景の写真をUPします。



「豊崎美らSUNビーチ」 。このビーチのすぐそばのホテルに宿泊します

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2145-e029fab0
    この記事へのトラックバック



    最近の記事