沖縄DXペディ&CFM受信旅(その1)

2015年09月25日 06:33 <--クリックお願い!

シルバーウィークと有給2日も含めた休みは9連休。
その間、ペディションに明け暮れる日々を送っている。

本来なら、最初に取り上げるのは千葉県銚子市の犬吠崎のペディ。でも、解析には膨大な時間が掛かる。
というわけで、今UP出来る、沖縄の旅。昨日の概要をレポートします。
自身、沖縄旅行は今回で4度目。
1回目は会社の社員旅行だったため、BCL的な活動は一切無し。
2度目はCFM局の受信だけを目的にした旅だったので、1泊のみ。DX的な成果は無いが、真っ昼間に台湾の中波局を首里城で受信。それがなんと、インドネシア語の放送だった。
3度目はCFM局の受信と、沖縄の風景を写真に撮るのを目的にした旅。そのため、沖縄美ら海水族館に行ったり、宮古島に行って水の中から熱帯魚を撮影したりもした。

そして、今回の旅はCFM局受信とMWDXを主眼とした旅。沖縄本島だけでも、前回7年前から10局もの新局或いは局名変更局がある。
それらを受信する訳だが、今回は2泊しかしないため、観光は一切無い旅。しかも、フィリピン中波局をメインに狙うDXを行うため、初めてALA-1530S+ポータブルと、それを架設するアンテナフレームをも持参した。RXもSDR受信機FDM-S2だ。

受信は部屋で十分だと思っていた。ところが、その部屋は運悪く北側の部屋。そこで、日没時のDXは宿泊するホテルの直ぐ近くのビーチに移動してのワッチ。19時から21時まで、計3回の中波丸録りをした。しかし、韓国や中国の混信が余りにも激しく、余り良い音が録れていなさそう。

2015沖縄旅 ビーチからの眺め

2015沖縄旅 ビーチの夕日


そこで、今日は南面の部屋に変更してもらうように手配をおこなった。

但し、北側の部屋では、CFM受信では想定外の成果。名護市のFMやんばるもバッチリ入感。周波数が北谷町のFMニライと重なるため受信出来ないちゅらハートFMもとぶ以外の、全ての沖縄本島局、それと久米島のFMくめじまが聞こえている。

但し、北側の部屋からの眺めは結構FBだったりはする。

2015沖縄旅 ホテル客室からの眺め

沖縄旅行初日をざっくりレポートすると、こんな感じ。詳細はまた、後日リポートします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2146-9e212760
    この記事へのトラックバック



    最近の記事