連続週末ペディ最終章

2015年10月10日 03:16 <--クリックお願い!

9月第1週からの毎週、続いているDXペディション。
連続のペディションウィークも、いよいよこの3連休がラストである。

・・・と言っても、2週間の空きののち、今月最後の週末には、城ヶ島で日帰りペディはあるんですけどね。

9月第1週の週末土曜日に行った、川崎・東扇島の日帰りペディに始まって、城ヶ島日帰りペディ、犬吠崎での2泊のDXペディ、再び城ヶ島日帰りペディ、沖縄で2泊のDXペディ、先週土曜日の川崎・東扇島の日帰りペディ。
この1ヶ月とちょっとの間に、実に6回ものDXペディションを行った。

そして、その連続DXペディションの最後を締め括るのが、自身は1997年の正月以来、実に18年振りとなる、岩手県三陸地方でのペディションである。

当時は宮古国民休暇村の貸し別荘を利用していたが、今はそれも取り壊されてしまい、新たにオートキャンプ場がオープンしている。
でも、これでは単独DXペディは出来ないので、今回利用する宿は、久慈市の海を見下ろす「侍の湯 きのこ屋」。
部屋は眺望の良い2階の角部屋を確保済み。角部屋にしたのは、ノイズの懸念があるお風呂のボイラー室から出来るだけ離れた場所でワッチするためである。

でも、初めてDXする場所なので、ノイズの不安が無い訳ではない。

念のため、出来るだけアンテナエレメントは建物から離すように、同軸は30mの長さを確保したが、それでもノイズが多い場合は、外でワッチする予定。

この宿の芝生園地は太平洋を見下ろす広い敷地で、そこにはベンチとテーブルもある。幸いにも、この3連休中の久慈市の天気は雨の心配も無く、最高気温も20度台。万が一、部屋でのDXがノイズでダメならば、この広い芝生園地でのワッチを行うつもりである。


さらには、今週は太陽活動27日周期の谷間に当たっているので、TPDXでは大きな成果も期待出来そうだ。

部屋にはLAN端子があるので、部屋でのDXに問題がなければ、リアルタイムの受信情報やYouTubeへの受信動画UPも出来るだろう。

今日の朝9時に東京駅を出発。八戸経由で久慈市内に入るが、最寄り駅は久慈駅の2つ手前の侍浜駅。そこには宿から車の迎えが来てくれるので、宿には14時を少し過ぎた時間には到着。おおよそ15時半にはDXが開始出来るだろう。

三陸地方なら、ちょうどTPDX局がf/inするかどうかという微妙な時間帯。16時の正時には、ほぼ10kHz毎にTPDX局が並ぶ状態を想像している。この時間はまだ、西日本の局は弱い時間帯のため、かなりの成果が期待出来るのだ。

もし、期待通りの成果が出た場合、SDR受信機で記録したデータの解析には、少なくても1ヶ月以上は掛かる。
受信リストのUPは当分先の話になりそうだが、来月のBCLミーティングでは、この時の状態を再現しようと思っている。

では、行って来ます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2151-c545839b
    この記事へのトラックバック



    最近の記事