早くも正月の予定

2015年11月09日 23:25 <--クリックお願い!

今日、今年の年末年始休暇が発表になった。
12月29日~1月3日の6日間。

今年は、短いなぁ。
という訳で、年末年始の予定を立てる訳だが、今、考え中なのが、1980年代~1990年代の正月休みに、ほぼ毎年出掛けていた三陸地方でのDXペディション。その再現である。

当時は、正月のペディでありながらも、多い時は2部屋を借りて、6~7名の参加でペディションを行ったこともある。会場は宮古国民休暇村にあった貸別荘とは名ばかりの、実態はケビン。但し、自炊のための食器や鍋、ヤカン。ガスコンロと冷蔵庫はあった。だが、冬でケビンは寒いのだ。

しかし、当時は石油ストーブを休暇村が貸してくれた。それに、こたつもあったので、それで寒さはしのげた。
林の中にポツンと建つケビンでのペディだったので、まったくノイズは無く、大きな成果も上げられた。

しかし、そのケビンはもう無い。

10月連休時に出掛けた岩手県久慈市の宿は、ノイズが多いので外でしかDX成果を上げられない。という訳で、正月ペディの会場としては選考外になる。

どこでペディやろうか。多いに悩む。

先日届いた、JVUDXC会報を読んだ所、9月のシルバーウィーク中に、宮城県気仙沼市の国民宿舎からくわ荘で、DXペディションが行われたと書かれている。あくまでVHFDXのペディなので、MWDXはどうなのか。

と思ってみたら、なんと、その記事を読むと、TPDXを行う2人のペディに同行し、VHFDXを行ったと書かれている。しかも、この地でのTPDX狙いのペディは、過去にも行われていたとか。
リピーターによるペディなので、その会場はノイズ等に悩まされるような場所では無い。と言えると思う。

只し、どんなアンテナを使用してTPDXをしていたのだろう。そして、その成果は?。

とても気になる訳で。

今週末、このペディに参加したうちの一人に会う予定がある。

どんなアンテナを使用していたのかとか、自分が普段、TPDX時に使用するアンテナを架設することは可能なのかとか。
その辺りを確認するつもりである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2163-f59228db
    この記事へのトラックバック



    最近の記事